「条件から探す」の記事一覧

看護師がオンコールなしの求人を選ぶ時の注意点4つ!日勤のみで働ける!

看護師がオンコールなしの求人を選ぶ時には、どんなことに注意していますか? 「オンコールなしなら、完全に日勤のみで働けるでしょ?何を注意することがあるの?」 と思っていませんか? あなたがオンコールなしで働きたいなら、求人・・・

看護師の未経験歓迎の求人には注意点が!?事前にチェックすべき4ポイント

「未経験でも転職したい!未経験歓迎の看護師求人を選べば大丈夫でしょ!」 そう思っている看護師さんは多いと思います。 でも、「未経験歓迎」の文字を妄信して求人を選んでしまうと、転職後に痛い目を見ることになるかもしれません。・・・

看護師のロング日勤(長日勤・日長)はきつい?価値観次第で選択を!

看護師のロング日勤(長日勤・日長)はきつい?価値観次第で選択を!

「看護師のロング日勤って本当にきつい…」 「長日勤はきついって聞いたけれど本当?転職しようと思っている職場のシフトに日長のシフトがあるんだけど」   ここ数年で、ロング日勤(長日勤)のシフトを取り入れている看護・・・

看護師の手取りやからくりを大公開!給料アップの4つの方法も説明!

看護師の手取りやからくりを大公開!給料アップの4つの方法も説明!

「看護師の手取りの平均ってどのくらいだろう?」、「私の手取りって安すぎじゃない?なんでこんなに安いの?」と思っている看護師さんは多いと思います。 こんなに頑張ってるのに手取りはこれだけ?おかしくない? そう思う気持ちもわ・・・

看護師寮は一人暮らしの強い味方!おすすめ理由5つとQ&A10個!

看護師寮は、初めての1人暮らしをすることに不安を持っている人におすすめします。ただ、看護師寮と言ってもいろいろなものがありますので、「看護師寮ならどこでも良い!」というわけではありません。 転職後は寮に入ることを考えてい・・・

看護師の子育て中の働き方はどうすべき?両立させる6つのポイント

看護師は子育て中の働き方に悩むことが多いと思います。激務で不規則な看護師の仕事は、子育てとの両立がとても難しいですから。 でも、ママさんナースは働き方次第で、子育てと仕事を無理なく両立させることが可能です。 子育てと看護・・・

看護師がサービス残業当たり前で辞めたい!定時退勤できる職場10選

看護師は残業が多い職業です。しかも、サービス残業が多いですね。でも、看護師だから残業をしなくてはいけないというわけでありません。 我慢して残業をしていても良いことは1つもありませんし、残業が少ない職場は必ずあります。看護・・・

看護師の休みが多い病院はどこ?4つの条件と具体例まとめ

「休みが多い病院で働きたい…」 「休みが多い病院ってどんな病院?」   看護師は休みが多い病院で働きたいとみんな願っていると思います。 では、休みが多い病院とは、どんな条件の病院なのでしょうか?   ・・・

看護師の産休・育休はこれで安心!知っておくべき4つのこと!

看護師の産休・育休について、詳しく正確に知っていますか? 出産する時に、産休・育休を取れることは知っていても、どのくらいの期間取れるのか、いつ頃申請するのか、給料は貰えるのか、復帰するタイミングはいつかなどは、よくわから・・・

男性看護師のための5つのQ&A!これを読めば悩みは解決!

男性看護師は少しずつ増えていますが、それでもまだまだ女性看護師に比べると少数派で肩身の狭い思いをしている人も多いと思います。 男性看護師がストレスなく働いていくための5つのQ&Aと職場選びのコツを解説します。これを読めば・・・

看護師 3交代制の求人のメリット・デメリット

看護師の3交代制の求人は最近少なくなってきています。しかし、元々は看護師の夜勤は3交代制だったのです。3交代制を今でも続けている病院もありますし、希望している看護師もいます。メリット・デメリットをまとめました。

看護師の決算賞与ありの求人は年収が高くなるの?

看護師の決算賞与ありの求人は年収が高くなるようなイメージがあるかもしれません。もしくは年収とまでは言わなくても、賞与金額は高いという認識があるでしょう。実際のところはどうなのでしょうか?

看護師 車通勤可の求人は魅力的に思う?

看護師は車通勤可の求人に対して魅力的に感じるのでしょうか?これは地域にもよりますし、状況にもよります。どういったところでは車通勤可が魅力的に感じるのか、どんな状況の看護師が車通勤可の求人を探しているのかを紹介します。

看護師 期間限定の求人にはどういったものがあるの?

看護師の期間限定の求人はいろいろな種類がありますが、タイミングによって異なっていることもあります。どの時期にどういった期間限定の求人があるのかをピックアップしてみました。

看護師 週休2日の求人は年間休日で判断しよう

看護師の週休2日の求人は実は案外多いです。というのが週休2日の定義が広く、年間休日も10日以上違うことがあるのです。こういった解釈の違いがあるため、週休2日という言葉に踊らされないことが大切です。

看護師 週休3日の求人なんてあるの?

看護師の週休3日の求人っていうのはあるのでしょうか?限られた科目になりますが、週休3日の仕事も存在しています。また、少し変わった準社員のような求人もたまにありますので、それも合わせて紹介します。

看護師 住宅手当ありの求人は本当にお得なの?

看護師の住宅手当ありの求人を探している看護師がいますが本当にお得なのでしょうか? 住宅手当は求人の中の条件の一部になっており、住宅手当だけで見てしまうと、逆に求人の全容を見失ってしまう恐れがあるので注意が必要です。

看護師の長期休暇の取り方を徹底解説!7連休以上で海外旅行もOK!

看護師の長期休暇の取り方にはどういったものがあるのでしょうか?看護師は長期休暇が取りにくい職種ですので、工夫をして取っています。 職場が考えてくれているケースもあれば、個人個人が考えるケースもあります。

看護師の交代勤務手当は求人の中で重要項目?

看護師の交代勤務手当は求人の中で大きなウエートを占める重要な項目です。 なぜかというと、交代勤務手当は、手当という域を超えて年収に大きく関わる給与の柱の1つになるものだからです。交代勤務手当のあれこれを紹介します。

看護師 2交代制の求人を希望する看護師はどういった看護師なの?

看護師の2交代制の求人は、最近人気が下がっているように感じます。日勤のみや夜勤のみなど、交代勤務をしない働き方の方が楽、と考える看護師が増えてきていることが原因の1つです。 その中で2交代制の求人を希望する看護師について・・・

看護師 短期の求人は上手く組み合わせるとおいしい仕事

看護師の短期の求人はどういったものがあるのでしょうか?基本的に短期の求人は条件が非常に良いものが多いです。 時給にしても期間が短いということで高くなっています。他の仕事と組み合わせるとより条件がよく見えます。

看護師 昇給ありの求人が普通なんじゃないの?

看護師は昇給ありの求人が普通だと思っているかもしれません。当然ながら病院では金額は大きくありませんが、ほとんどの病院で昇給ありになっています。 しかし、実は昇給ありが当たり前ではありません。ない職場もあるのです。

看護師 社宅ありの求人はこんな感じで進化している

看護師の社宅ありの求人は一昔前と比べるとどんどん進化しています。社宅というものが共同生活の場といった感じから、福利厚生の一環としての姿になってきています。 最近の社宅事情をいろいろな角度から見ていきます。

看護師 社会保険完備の求人じゃないものもあるの?

看護師は社会保険完備の求人が当たり前と思っているかもしれませんが、完備されていない求人も案外多いものです。 どういった求人に完備されていて、どういった求人に完備されていないという部分を説明していきます。

看護師 家族手当ありの求人はママさんナースに人気?

看護師の家族手当ありの求人はどういった看護師がメリットを感じる手当なのでしょうか? 一見ママさんナースに人気が高そうなイメージがあるかもしれませんが、問題なのは家族手当がどういった時に該当するかですね。

看護師 アルバイトの求人はどういったものが人気なの?

看護師のアルバイトの求人はいろいろな種類があります。その中で看護師各々の状況によって人気が高いものが変わってきます。 大きく分けると日勤と夜勤ですが、その他にもいろいろな業種がありますので、ご紹介します。

看護師 ブランク可の求人の見分け方は?

看護師はブランク可の求人が多く存在しているように見えますが、本当にブランク歓迎となっている求人はブランク可の求人ばかりなのでしょうか? 実際にブランク可の求人はどういった病院なのかをお伝えします。

看護師のダブルワークは今や当たり前の時代?

看護師のダブルワークは今や珍しくない当たり前の時代になってきています。これは看護師に限った事ではなく、日本全体としてそういった傾向にあるとも言えますが。看護師のダブルワークにはどういったものがあるのかを説明します。

看護師の資格手当ありの求人はどういった病院?

看護師の資格手当ありの求人はどういった病院で多いのでしょうか?また、資格手当の意味合いとはどういったものなのでしょうか?手当が多いに越したことはないですが、やはりきちんと把握しておいた方がいいですよね。

夜勤専従の看護師 求人はどういったものが多いの?

夜勤専従の看護師は求人としてどういったものが多いのでしょうか?数年前はどんな形でもありましたが、最近では少し精査されてきている感じがします。夜勤専従をなぜ採用するかを考えながら検証しましょう。

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる