「夜勤」の記事一覧

中途採用の看護師って夜勤は最初から行うの?

中途採用の看護師って夜勤は入職後すぐに行っているのでしょうか? さすがにそれはないんじゃないか、と思っている看護師が多いでしょう。 しかし、中途採用の看護師が夜勤に入るタイミングはいろいろです。ちょっと詳しく見ていきまし・・・

看護師の夜勤は子供への影響がネックになる?

看護師の夜勤は子供への影響が心配ですよね。小学生の低学年までは学童などを利用することも多いですが、高学年以降は留守番が多くなります。思春期に入る時も問題が起きやすいですね。

看護師の夜勤 72時間ルールはそれ程気にしなくていい?

看護師の夜勤 72時間ルールはどういったものなのでしょうか?看護師の月の夜勤時間が制限されるものですが、実はそれ程気にしなくて良いものになっています。

看護師の夜勤 40代以降も続けていけるか不安

看護師の夜勤 40代以降も続けていけるかどうか不安に思っている看護師は多いのではないでしょうか?40代以降になると、体力的にも夜勤がきついと思うようになりますし、転職するなら早くしないとできなくなってしまう、と焦ってしま・・・

看護師の夜勤 30代が分岐点かもしれない

看護師の夜勤は30代が分岐点かもしれません。どういうことかというと、30代から夜勤をする看護師としない看護師に分かれるのです。どういった看護師が夜勤をして、どういった看護師が夜勤をしないのでしょうか?

看護師の夜勤 明けの過ごし方で生活が変わる?

看護師の夜勤は明けをどう過ごすかで疲れが変わってきます。こう書くと明けにゆっくり休めば良いというふうに思うでしょう?確かにそういった過ごし方もありますが、もっと良い過ごし方があるのです。

看護師は夜勤なしの仕事で早く帰る!日勤のみでも給料が高い!

夜勤なしで働きたいと思っている看護師はたくさんいますよね。 「夜勤に入ると体調を崩してしまう。」、「子育てや介護、家事などの家庭の事情で夜勤に入るのは無理。」、「みんなが寝ている時間に働くなんて嫌。」などの理由で日勤のみ・・・

看護師は夜勤が離婚の理由になることが多いって本当?

看護師は夜勤が離婚理由になっているというのは本当でしょうか?実際にはそんなに単純なことで離婚とはなりませんが、きっかけの1つになっているケースはあります。夜勤が理由の1つになりうるというのはどういったことでしょうか?

看護師 夜勤がリズムを乱していると思っていませんか?

看護師は夜勤がリズムを乱す原因になっていると思いがちです。しかし、実際には夜勤だけが生活リズムを乱す原因ではないのです。どのようなことがあるのでしょうか?

老健の看護師は夜勤でどんな仕事をするの?

老健の看護師は夜勤でどのような仕事をするのでしょうか?病院とはまた違った雰囲気の中での仕事になりますが、基本的には療養型病院と同じような感じになります。老健の夜勤のメリットデメリットをお伝えします。

看護師の夜勤 残業ってどれくらいあるんだろう?

看護師の夜勤で残業はどれくらい発生するのでしょうか? また、夜勤の残業はどういった時に発生するのでしょうか? 夜勤の残業は日勤の残業とは少し違ったものなのかもしれません。その辺りを比較しながら検証します。

看護師の夜勤は1年目を乗り越えることが大変?

看護師の夜勤は1年目を乗り越えることが大変です。1年目の看護師は、夜勤などを含めてストレスなどで体調を崩しがちです。どういったケースがあるのかを説明します。

看護師の夜勤 次の日の過ごし方

看護師の夜勤は2交代であれば次の日も休みになります。この夜勤の次の日の過ごし方で、夜勤が好きになるかどうかが変わってきます。

50代の看護師 夜勤のある職場以外の選択肢も含めて

50代の看護師は夜勤ができないというケースもあります。これは体力的な面もありますが、経験的に夜勤をあまりしていなければ、難しくなってきます。

看護師の夜勤は楽だと感じている人も多い件

看護師の夜勤は楽だという声を聞いたことがあります。夜勤がしんどいという声も多い中で、楽という人がいるのです。どういった違いがあるのでしょうか?

看護師の夜勤 3交代の職場ってどういったところがあるの?

看護師の夜勤で3交代の職場ってどういったところがあるのでしょうか?最近ではあまり見かけませんよね。しかし、3交代の病院も存在しています。どういったところで3交代になっているのかをまとめました。

看護師の夜勤 2交代のメリットデメリット

看護師の夜勤 2交代にはメリットとデメリットがありますが、最近では2交代が主流になっていますよね。大学病院や公的な病院も2交代に変更してきています。ここにはメリットが大きく関わっています。

看護師が夜勤で眠いときはどうしたらいいの?

看護師が夜勤で眠いというのはよくある話です。夜勤明けの帰りに電車の中で爆睡してしまったという話もあります。

看護師 夜勤で眠れないというケースは多いの?

看護師は夜勤で眠れないという話を結構聞きます。例えば、夜勤明けで体は疲れているけども眠くない、という感じですね。生活リズムの乱れが大きく影響しているのです。

看護師は夜勤でミスするとどうなるの?

看護師は夜勤でミスをすることに不安を持っている方が多いです。夜勤時は看護師の人数も少なく、自分で判断しないといけないケースも少なくありません。自信がないとできませんよね。

看護師 夜勤は母子家庭にとって重要なこと?

看護師の夜勤は母子家庭にとって非常に重要なものです。看護師は夜勤の有無によって収入が全く違ってくるためです。看護師の収入であれば、養育費などがあれば問題ないですが、そういったものがないケースも少なくありません。

看護師はママだと夜勤を辞めるの?

看護師はママだと夜勤を辞めるという選択をするのでしょうか?実際に夜勤は子育てを行っていく上でネックになるものです。それをどのようにして対処していくのかを説明します。

看護師は夜勤で不妊になりやすくなるの?

看護師は夜勤で不妊になりやすくなるのでしょうか?女性ホルモンの関係などに影響している部分はあると思いますが、夜勤をしているから不妊になる、ということではありません。

看護師の夜勤 未経験から一人前になるために

看護師の夜勤は未経験からスタートし、数年後には一人前になっていきます。この過程の中で、どのような流れで成長していくのでしょうか?心の動きなども含めて説明します。

看護師が夜勤をしたくない時の選択肢

看護師が夜勤をしたくないと考えた時の選択肢はどういったものがあるのでしょうか?夜勤のない職場に転職する、部署を異動するなど対処法はいろいろとあります。

看護師の夜勤 不安を感じるのは職場次第

看護師が夜勤で不安を感じるのは、職場次第です。職場のシステムがしっかりとしていたり、経験豊富な看護師が多かったりすると、あまり不安を感じないものです。やはり不安を感じるのは職場次第と言えるでしょう。

看護師は夜勤で妊娠しにくいという悩みを持っている?

看護師は夜勤で妊娠しにくいという悩みを持っている方が結構います。中には不妊治療を行っている看護師もいます。夜勤によって起こる弊害とそうでもない点を説明したいと思います。

看護師は夜勤でホルモンバランスが崩れるの?

看護師は夜勤でホルモンバランスが崩れるという方がいます。これは女性特有のことですね。ホルモンバランスが崩れてしまうと、吐き気やだるさ、イライラなどの症状が出ますので注意が必要です。

看護師の夜勤 つらいのは体よりも心

看護師の夜勤でつらいのは、体よりも心かもしれません。もちろん、体も疲れていますが、体の疲れは寝れば取れます。しかし、心の疲れは寝ても取れるものではありません。この辺りに夜勤のつらさが隠されているのです。

看護師の夜勤 人数はどんな感じになっているんだろう?

看護師の夜勤は人数がどのようになっているのでしょうか?人数と言うと、看護師の人数に目が行きがちですが、夜勤の場合は特にベッド数なども関係してきます。

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる