看護師の転職で楽な職場にはどういったところがあるの?

img-14

看護師の転職で楽な職場を探している方は結構いますよね。

看護師の職場で楽な職場というのは、どういったところなのでしょうか?

また、楽な職場には落とし穴があるのではないかと心配している方もいるでしょう。そういった点も説明します。

看護師の転職で楽な職場の代表格は?

img-11

看護師の転職で楽な職場とはどういったところになるのでしょうか?

看護師の職場は大きく分けると病院、クリニック、施設、在宅に分かれます。この中で楽な職場として選択されがちなのはどれだと思いますか?

大体の方が同じことを思ったと思います。そうですよね、クリニックと施設です。クリニックはいわゆる応急措置的な対応が多く、重度な方に対する対応が少ないです。

院長のサポート的な医療措置が多く、仕事の責任という部分においても、病院と比べるとかなり少なく感じるはずです。

また、流れ作業的に日々の業務を繰り返すだけのところも多く、病院で日々何が起こるか分からない環境に身をおいて仕事をする精神的な負担から開放されることも楽と感じる所以です。

クリニックは医療現場にはいたいが病院よりも肉体的、精神的負担が少ない職場を探している時に候補になりますが、医療行為自体がしんどいと感じている看護師にとっては、それでもきつい職場かもしれません。

そういった看護師が選択するのが、施設関係なのです。

施設となると医療行為は殆どなく、入居者様が体調を崩すと病院に入院となることが多く、その判断だけで医療行為に携わることはほとんどありません。

上記のような理由から、クリニックと施設が看護師にとって楽な職場の代名詞になっているわけですが、実態はどうなのでしょうか?

次では注意点などを説明していきます。

看護師の転職で楽と言われているクリニックと施設の実態

img-17

看護師の転職で楽と言われているクリニックと施設ですが、実際にはどうなのでしょうか?

確かに仕事内容としては楽かもしれませんが、楽とは言い切れない部分も潜んでいます。

例えば人間関係に関しては病院とはまた違った難しさがあります。クリニックの場合は院長との人間関係が非常に重要になります。

病院の場合は院長との人間関係は役職にならない限り、それ程重要なものではありません。

しかし、クリニックになると、院長が頼りにするのが看護師となるため、院長の考え方、人間性が自分と合っていないと感じる場合、仕事を継続するのが困難だと感じることになるのです。

また、施設の場合の人間関係で言うと、やはり介護職との関係が難しいと言えます。病院の場合は介護職には雑務をお願い(命令に近い感じ)していましたが、施設になると介護職から指示が出てくることもあります。

そういった環境にプライドが高い看護師が耐えられるかどうかということです。実際に看護師として30年程度経験を積んで、そろそろゆったりと施設で勤務がしたいと転職した看護師が、介護職との関係に耐えられずすぐに退職してしまった、という話はよくあります。

他にも給与面が病院よりも安い、システムがしっかりとしていない(業務が煩雑)などの問題もありますが、最もクリニックや施設に転職してこんなはずじゃなかったとなるのは、人間関係と言えるでしょう。

看護師は転職で楽な職場の自分なりの定義を定めることが大切

img-20

看護師は転職で楽な職場の自分なりの定義を定めることが大切です。というのも、楽な職場というのは人それぞれ異なっているため、何をもって楽というのかを定義しておかないと、楽な職場にたどり着くことができません。

看護師によくある話として、友人の看護師から話を聞いて求人に応募するというのがあります。

例えば、「どこか楽な職場ない?」「あるよ、○○なんてどう?残業少ないって聞くし。」という会話があった時に、本当に楽な職場にたどり着けるのでしょうか?

もちろん、運が良ければたどり着けますが、このやり取りでは何を持って楽というのかが友人に伝わっていないため、適切な求人を提供してくれているかどうか分かりません。

分かっているのは残業が少ないというだけですよね。もし、友人は残業が少なくてお休みも多いことを楽と捉えて案内しているとして、本人は重度の患者様が少ない施設を希望しているのであれば、全く話が違いますよね。

しかし、両方とも楽という言葉に向けての職場の要件であることは間違いありません。こういったことから、自分なりの定義を定め、その上で楽の定義を常に意識しながら転職先を探すようにすると良いですね。

周りの友人なども、定義がしっかりとしていれば、適切な求人を提案してくれる可能性が高くなりますよ。

まとめ

看護師の転職で楽な職場とはどういったところなのか、そして楽な職場での注意点はないのか、ということについて説明してきましたがいかがでしたか?

看護師にとっての楽というのはいろいろな内容があるため、まずは楽の定義を行うことが重要になります。これがしっかりとできていれば、楽な職場に転職することが容易になるでしょう。

しかし、中には楽な職場がどういったところなのか分からない、でも今はしんどいので楽な職場で働きたい、という看護師も結構います。

そういった方は看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用し、まずは自分にとっての楽はどういった環境なのか、そしてその環境はどういった業種になっているのか、という点を明確にすると良いですね。

ある程度経験すると明確になってきますが、仕事の経験が浅い看護師はまだまだ分からないというケースも少なくありません。

分からないものはいくら考えても分かりませんので、教えてくれる転職コンサルタントに相談するのがベストな選択と言えるでしょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる