看護師の転職で有利な資格にはどういったものがあるの?

img-26

看護師の転職で有利な資格にはどういったものがあるのでしょうか?

そもそも看護師自体が資格になりますので、それ以外の資格が必要というわけではありませんが、組み合わせで転職に有利になるケースもあるのです。

看護師の転職で有利な資格はやはり専門・認定看護師?

img-27

看護師の転職で有利な資格となると、やはり専門看護師や認定看護師がぱっと思い浮かびますよね。

特定の分野における専門的な知識を持っていることを証明する資格になりますので、その分野での専門性の高い看護師を求めているのであれば、有利な資格と言えます。

しかし、専門看護師や認定看護師というのは、専門的な知識やスキルを持っている証明になりますが、それと同時に役割や役職になっているケースも多いです。

役割や役職として特別な仕事を任させるのが、専門看護師、認定看護師といえるのです。

つまり、専門的な知識を有している証明にとどまらないということです。

そうなってくると、逆に専門看護師や認定看護師の意味合いが変わってきます。ただ単に専門的な知識を有している看護師という意味合いでなく、独立した専門職として採用することになるのです。

となると、転職に有利な資格かというと、必ずしもそうとは言えないということになりますよね。というのも、独立した専門職としての採用となるのであれば、採用基準が高くなる可能性が高いためです。

また、同じ科目、分野の専門看護師や認定看護師は必要ないというケースも多いため、求人自体がなかなかないことも少なくありません。いわゆる順番待ちのような状況になるのです。

そして、空きができた時に専門分野での専門看護師や認定看護師として勤務することができ、転職に有利な資格であると言えるのです。

こういったことから考えると、専門看護師や認定看護師の資格を持っていることで、無条件に転職に有利になるわけではないのです。

専門性を極めてより高待遇で採用されたい、という気持ちが強いのであれば、専門看護師や認定看護師もありと言えるでしょう。

看護師の転職で有利な資格は科目などによって異なっている?

img-19

看護師の転職で有利な資格は科目などで異なっています。代表的なものをいくつかピックアップします。

内視鏡室勤務であれば内視鏡技師

内視鏡を専門的に行っている病院やクリニックでの勤務を希望する場合は、内視鏡技師の資格を取得した方が良いでしょう。

内視鏡技師は内視鏡でのオペや検査の補助を行う上で、一定のスキルを要していることを認める、といった資格です。

よって、当然ながら実技といったものもあり内視鏡に携わった経験が一定年数必要になっており、その職場で内視鏡に携わっていたことを院長に証明してもらう必要があります。

簡単に筆記試験だけで取得できる資格ではないため、実際に内視鏡技師を持っていると内視鏡室での看護師を求めている病院やクリニックでの採用が、非常に有利になります。

また、採用されやすいだけでなく、待遇もかなり良くなっているケースも多いです。

時給が看護師の相場以上のもの、例えば時給1,700円が一般的な地域で時給2,000円もらえたり、勤務時間の優遇をしてもらえたりもします。

内視鏡に興味があるのであれば、是非取得を目指しましょう。

透析室での勤務に活かせる透析関連の資格

透析室での勤務で有利な資格として、透析療法指導看護師、透析看護認定看護師、透析技術認定士などがあります。

透析看護認定看護師は認定看護師の分野になるため、かなり難しくなりますが、その他の2つに関しては、透析の実務経験が一定年数あれば取得できるものです。

この資格に関しても、結局のところは透析看護での経験を証明する資格となっていて、透析室に転職する際に、例えば透析室での勤務経験者を採用したいといった場合に、勤務経験を保証する資格になるわけです。

安心して採用することができる資格と言えますね。よって、透析看護師として勤務をしたいのであれば、間違いなく有利な資格と言えるでしょう。

糖尿病関係の看護を行っていきたい場合に有利な資格

看護師の職場の専門分野の1つに、糖尿病があります。

糖尿病の場合、生活習慣の管理や指導が必要になっており、そういった知識を持ち合わせていることを証明する資格として、糖尿病療養指導士があります。

他にも糖尿病認定看護師もありますが、実際に持っている方が多いのは糖尿病療養指導士ですね。

この資格があれば、糖尿病患者様が多い専門病院などでは、高待遇で採用してもらえる可能性があります。

他の上記の資格と同じように、糖尿病患者様への対応スキルをしっかりと持ち合わせている、間違いのない経験をしている証明になりますので、糖尿病関連の職場への転職では有利な資格と言えるでしょう。

看護師としての経験とは関係ない資格が有利な資格となることも

転職に有利な資格には、看護師とは全く関係ないものが該当しているケースもあります。

例えば、訪問看護を希望する際に、アロマの資格を取得しておくと重宝されることもあります。

これは訪問看護の中にアロマを利用したサービスを展開している訪問看護ステーションがあるためです。

他にも透析室で勤務する際に、上記で説明したような看護師としての経験を証明するもの以外に、臨床工学技士の資格も取得する、という手段もあります。

臨床工学技士の資格を取得すると、透析室でできる業務の幅が広がり、将来的に管理職にもなりやすくなります。

看護師の職場も多様化していますので、各々の職場で活かせる資格を考えて取得することで、転職に有利な資格として活かすことができるでしょう。

看護師の転職に有利な資格、取得する際の注意点

img-24

看護師の転職に有利な資格は上記で述べたもの以外にも当然存在しますが、資格取得すれば良いというものでもありません。

有利な資格として有効活用するために、どのような注意点があるのでしょうか?

資格を取り過ぎないように注意しよう

看護師の転職に有利な資格に関しては、基本的に専門分野に対する知識、経験がしっかりとあることを証明するものになっていますが、他にも看護師が興味関心を持っていることの証明にもなっています。

つまり、言い方を変えると、資格をいろいろと持っているということは、移り気なところがあり不満があるとすぐに他の職場に転職してしまう危険性が高いのではないか、という判断をされてしまう可能性があります。

よって、有利な資格であっても自分自身が興味関心が高く、その分野で一生涯やっていきたいと思える分野の資格を取得するようにしましょう。

有利な資格を取得するための経験年数をできるだけ1箇所で積むように注意しよう

有利な資格は上記で説明しているように、経験年数を証明してもらうために今まで勤務してきた職場に証明書を書いてもらう必要があります。

対応してきた件数などが必要になりますが、大体数年間の勤務実績が必要になるケースが多いため、1箇所ではなく数カ所の勤務先に証明書の依頼をしないといけないケースがあります。

仕方ない面もありますが、やはり退職後に証明書の依頼をすると、なかなか真摯な対応をしてもらえず、証明書をなかなか書いてもらえないことも少なくありません。

できるだけ1箇所で経験を積み、その職場に在籍している状態で証明書を書いてもらうようにすると、スムーズな資格取得に繋げることができます。

有利な資格があれば優遇されるわけではないことに注意しよう

転職に有利な資格、上記で説明したような専門分野での経験を証明する資格を取得することで、優遇されることももちろん多いですが、必ずしも優遇されるというわけではないことを認識しておいた方が良いですね。

というのも専門分野に力を入れている病院やクリニックであっても、必ずしも経験者を採用したいと考えているわけではないということです。

状況によっては、例えば専門分野の経験は全くない方を育てていきたい、という状況にある病院やクリニックもあるためです。

そういったところになると、専門分野での資格を持っていたとしても、条件面で優遇してもらえることが少なくなります。

やはり求人先が求めているかどうかによって変わっているという点は、理解しておくことが必要ですね。

まとめ

img-17

看護師の転職に有利な資格についてどういったものがあるのか、そして注意点などについても説明してきましたが、いかがでしたか?

看護師の転職に有利な資格というと、やはり専門・認定看護師に目がいきがちですが、実際の話として専門・認定看護師は転職に有利になるというよりは、特別な仕事を任される存在として需要があるのです。

よって、転職の場合にあなたが取得している専門・認定看護師を求めている病院であれば良いですが、特に求めていない病院に転職する際は、有利になるかというとそうでもありません。

そして、看護師の転職に有利な資格で一般的なものとしては、専門分野での経験を保証するもの、例えば内視鏡や透析、糖尿病などがあります。

また、専門分野での経験を保証するもの以外でも、職場で活かせる職場であれば、有利な資格になることもあります。

ただ、一般的には転職に有利な資格であっても、取得し過ぎるとかえって転職に不利になることもあります。

好奇心旺盛と判断してもらえることもありますが、移り気で早期退職のリスクが高いとも捉えられてしまうことがあるためです。

看護師の転職に有利な資格を活かして転職する場合、やはり難しい点としては活かせる職場探しです。専門分野になればなるほど、自分自身の中でいろいろな要望が出てきますよね。

条件面だけでなく仕事内容やシステムなどで、譲れない部分も多々あるものです。そういったものを調べて転職するための1つの手段として、看護師転職支援サイトの利用があります。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用することで、気になることをどんどん確認してもらうことができます。

特に在職中であれば、なかなか求人先に問い合わせをし、確認していき情報を精査するのは難しいものです。

サポートしてもらえるこういったサービスを利用すれば、効率的に転職活動を進めることができますよ。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる