看護師の転職の平均回数はどれくらい?多いと問題になるの?

img-08

看護師の転職の平均回数はどれくらいか気になりますよね。

また、平均回数よりも多いと転職に不利になるのではないかと不安にもなります。実際にはどうなのかを説明します。

看護師の転職の平均回数はそれ程気にしなくて良い?

img-04

看護師の転職の平均回数が気になる方は多いと思いますが、実際にはそれ程気にする必要はありません。というのも、転職回数が平均より多いかどうかを履歴書を見た時に面接官が分からないからです。

どういうことかというと、看護師の転職回数は多いのが一般的となっていて、複数箇所の職歴があって当然になっています。

つまり、ぱっと見ただけで転職回数が平均よりも多いかどうかを考えないのです。

ただ、一応目安として知っておいた方が良いとは思いますので、簡単に説明すると、「看護師としての勤務年数÷3」で出てきた数字が職歴の数と比べて大きければ問題ありません。

つまり、看護師の転職平均回数の目安というのは、1箇所の在籍期間が平均して3年以上になっているかどうか、ということです。

例を挙げると、看護師10年の経験だと、3で割ると3.3となりますので勤務先が3箇所であればOKで、勤務先が4箇所であると転職回数が多いとなります。

しかし、上記でも述べたように、看護師という職種は転職回数が多い職種であり、転職回数が平均と比べてどうかという発想にはなっていません。

次では、どういった職歴の時に転職回数が多く見えるか、という点について説明します。

看護師の転職の平均回数よりも勤続年数が重要?

img-20

看護師の転職の平均回数はそれ程重要でないと上記で説明しました。実は看護師の転職の場合は、転職の回数よりも勤続年数の方が重要と言えます。

例えば、看護師としての経験が10年で、最初の勤務先で8年、後の勤務先が1年ずつとします。転職回数で言うと2回で、平均回数よりも低いと言えますが、この場合は面接官の印象が悪くなる可能性があります。

勤続年数から面接官が感じることを簡単に説明すると、「最初の勤務先でしっかりと仕事を覚え看護師としてのスキルは申し分なさそうだが、環境に合わせることができないのかもしれない、最初の勤務先と比較してばかりいて、新しいことを受け入れることができないのかもしれない」という感じです。

そして、転職癖がついている、という印象も持つでしょう。最初の転職先で短期間で退職してしまった、というだけであれば問題ありませんが、2回続くと環境に合わせることができないのではないか、と思われてしまいます。

つまり、こういった部分が職歴について考えていく上で重要なのです。転職平均回数よりも、職歴を面接官が見た時にどのように感じるか、ということですね。

こういったことから、1回短期間で退職することがある時は、その次の仕事は長期間勤務するという強い意識を持って転職先を探すことが重要と言えるでしょう。

看護師の転職の平均回数よりも10年で可能な転職回数を意識すると良いかも

img-17

看護師の転職の平均回数を意識すると、なかなか答えが分かりません。上記では勤続年数が3年以上になっていれば問題ないと説明しましたが、これはあくまで目安でしかありません。

当然ながら看護師として病院、クリニック、施設などどういった職場を選択するかによって、平均転職回数も異なってくる傾向があります。

ただ、上記でも説明したように、平均回数よりも転職が少なければ印象が良いとも言い切れないのが看護師です。

よって、平均回数よりも看護師として勤務する10年の間で、転職を何回までできる、といった感じで意識すると良いかもしれません。

生涯看護師としてずっと勤務した場合に、大体40年位になりますよね。ということは40年を10年単位に区切り、10年毎に転職2回まで、といった目安を設けると分かりやすいです。

こういった意識を持つことで、短期間で退職してしまった時には、次は長期勤務できる職場を探さないといけないという気持ちを強く持つことができます。

まとめ

看護師の転職の平均回数について説明しましたがいかがでしたか?

基本的には転職回数は意識する必要はあまりなく、それよりも勤続年数を意識することが重要と言えます。

あなた自身の職歴が面接官にどのように映っているのかをしっかりと考え、その上で疑問を持たれる、懸念材料として認識されてしまう可能性が高い職歴に関しては、面接対策をしっかりと行って面接に臨むようにしましょう。

そのためには、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用し、面接のロールプレイングや場合によっては質問を受ける可能性が高い職歴の部分などをアドバイスしてもらうと良いですね。

あなた自身の中では退職理由などに正当な理由があったとしても、それを面接官がどのように捉えるかは分かりません。

そういった部分を経験豊富な転職コンサルタントにアドバイスをもらうことで、転職活動に成功することができます。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる