看護師の転職は優先順位が大切って本当?

img-01

看護師の転職は優先順位を決めることが大切という話を耳にすることがあると思います。

もちろん、何事に対しても優先順位は大切なことではありますが、看護師の転職で大切と言われるのはどういった理由からなのでしょうか?看護師の転職事情を踏まえて説明します。

看護師の転職は優先順位を決めてから行った方が良い?

img-04

看護師の転職は優先順位を決めてから行った方が良いと言われています。どういった理由からなのでしょうか?

看護師の転職では選択肢が多いため

看護師が転職しようと思った際に、多くの選択肢があります。簡単に言うと、求人が非常に多く転職先に困ることはない、仕事を選ばなければいくらでも転職できる状態です。

しかし、転職しようと思っている看護師は、何かしらの不満がある、もしくは環境の変化などの事情があるわけで、仕事を選ばなければというわけにはいきません。

例えば、結婚して夜勤ができなくなって転職、というのであれば夜勤がないことが優先順位として最も高くなりますよね。

そして、夜勤がない職場が少なく求人も少ないのであれば、優先順位をそこまで明確にしようとしなくても、選択肢がないためそれほど転職に困ることはありません。

しかし、看護師の職場の多様化により、夜勤がない職場も非常に多くなっています。そして、求人も多く存在しているという現状があります。

よって、夜勤がないというだけでなく、その他にも通勤時間や有給消化率、残業の多さなど様々な条件面での優先順位を決めて選択することが必要になるのです。

そうしないと、転職後に少し不満が生じた際に別の求人を選択すれば良かったと後悔することになり、最悪転職を繰り返してしまうことに繋がります。

転職を考える理由の多様化

看護師は3年に1度転職すると言われるくらい、転職回数はもともと多く、何回も転職を経験している看護師は多いです。

しかし、毎回同じ理由で転職しているケースはそれ程多くなく、様々な理由によって転職しています。

キャリアアップはもちろんのこと、結婚、出産、転居、子供の成長、親の介護など、女性特有のものが多くなっています。

つまり、生活環境の変化によって転職せざるを得ないケースも多いということです。

そういった際に何のために転職するのか、そして転職することで何を改善したいのかという点をしっかりと考え、優先順位をつけていないと、いざ転職しても今までと何も変わらない、ということになりかねません。

そうなるとまた再度転職を考えなければいけなくなり、本来不要な転職をしてしまうことになるのです。

看護師が転職で優先順位として上位にもってくる条件は?

img-13

看護師が転職で優先順位として上位にもってくる条件はどういったものなのでしょうか?

人間関係

殆どの看護師が口にするのが人間関係です。その他いろいろな条件があり、優先順位も人それぞれの状況によって違いますが、人間関係だけは優先順位が下がることはありません。

というのも、その他の条件は勤務する上で大切なことですが、人間関係は勤務を続ける上で大切なことになるためです。

つまり、人間関係が良くなくても勤務を開始することはできますが、勤務を継続するのは難しい、ということです。

ただ、人間関係というのは自分自身との相性もありますし、なかなか一概にこの職場は人間関係が良いと言い切れないものがあります。

人間関係の部分ではサバサバとしたところか、それともアットホームなところか、といった部分を優先順位として挙げ、転職先を探すケースが多いですね。

給与

これも当然上位に入ってきます。給与面の不満で転職するケースで多いのは、金額云々というよりは、貰える予定のものが貰えない時に発生しています。

例えば、賞与が昨年実績は基本給の4ヶ月だったのに今年は3ヶ月分しかない、残業代が実際の残業時間分ついていない、といったケースが多いですね。

給与の総支給額については、基本的に入職前に提示を受けて納得した上で入職しているため、それ程問題になることはありません。

つまり、給与を優先順位として上位に挙げる場合、総支給額の希望はざっとしたものはありますが、それ以上に残業や夜勤手当、賞与の部分がどうなっているかが気になっていることが多いですね。

勤務時間や休日

生活環境の中でプライベートで優先しなくてはいけないことが発生している時には、勤務時間や休日が非常に重要になってくるため、優先順位が高くなります。

例えば、結婚した、出産した、専門学校や習い事を始めた、といったことになってくると、何曜日に休みたいであるとか、何時までの勤務しかできない、といった感じになります。

勤務時間でいうと、やはり17時までの勤務が良い、夜勤がない職場が良い、といった感じが多く、曜日では日祝休みの職場が良い、といった感じが多いですね。

仕事内容

今後の自分自身のキャリアについてしっかりと考えている看護師、もしくは今までの経験を活かせる職場を探したい看護師は、仕事内容を優先順位の上位に挙げているケースが多いです。

仕事内容の優先順位は、病院であれば病院の概要、例えば大学病院や公的病院、総合病院などの大規模な病院、地域密着型の中小規模の病院、慢性期などの長期入院を対象とした病院などがあります。

そして、クリニックや介護施設、在宅訪問サービスなど多様な施設形態があり、各々で仕事内容が異なってきます。そういった部分もしっかりと把握し、優先順位として考える必要があります。

また、仕事内容には診療科目の視点からの優先順位もあります。例えば、脳神経外科、循環器科、産婦人科など専門性が高い診療科目の勉強がしたいのであれば、そういった診療科目に力を入れている職場を選択する必要がありますよね。

少なくとも希望する診療科目を標榜している病院を選択することが大切ですが、診療科目で気をつけなければいけない点として、診療科目を標榜していても力を入れていないケースがあることです。

診れないことはない、という意味合いでの標榜もあるのです。標榜しているかどうかだけでなく、力を入れている診療科目かどうかを把握する必要があります。これがなかなか難しいものなのです。

ホームページにしっかりとした情報があれば良いですが、ないとなかなか把握できません。そういった時に看護師転職支援サイトを活用して、転職コンサルタントに聞くのも1つの方法でしょう。

仕事内容に希望がある場合、仕事内容の中での最優先事項をピックアップし、明確にすることが大切です。その上で労働条件などを絞り込んでいくと、自分自身が希望する職場での勤務を実現することができるでしょう。

雇用形態

大きく分けると正社員とパート・アルバイトになりますが、最近では契約社員や派遣社員なども増えてきており、雇用形態も多様化しています。

よって、雇用形態の優先順位も重要になってきます。収入面や長く安定した雇用の優先順位を高くするのであれば、やはり正社員が一番ですが、勤務時間や休みの取りやすさを考えると、パート・アルバイトが良いのかもしれないと思いますよね。

また、期間限定のお仕事などであれば、派遣社員として勤務する方が気分的にも楽に勤務できる可能性が高くなります。派遣社員の場合は契約期間を明確に定めて勤務しますので、期間限定に向いた働き方と言えるのです。

このように、どういった働き方をしたいのか、と言った部分を考えるのであれば、明確に雇用形態の優先順位も考えているくことが大切と言えるでしょう。

看護師の転職で優先順位を挙げる際の注意点は?

img-11

看護師の転職で優先順位を挙げる際の注意点にはどういったことがあるのでしょうか?

優先順位に無理がないかどうか

勤務条件などの優先順位を挙げる際に、希望する仕事内容と一致しているかどうかを考える必要があります。

例えば、日勤のみで土日祝休みという条件を優先順位で再優先した場合、次に優先するものが病院での病棟勤務、となると現実的にかなり難しくなります。

更に正社員希望となると、ほとんどないでしょう。この場合、日勤のみで土日祝休みで正社員であれば、例えば在宅訪問サービスやデイサービスなどが現実的な職場になってきます。

多くの方は条件面で優先順位を考える際に、第一条件だけがクリアされていれば後はどうでもよい、というわけではありません。

最優先のものがクリアされつつ、他の優先事項に関しても、完璧ではなくともある程度クリアされていないと転職先として選択できないケースが多いです。

そういった中で、挙げていく優先事項の組み合わせにそもそも無理がないかどうかを検証することが大切なのです。

条件を挙げ過ぎないこと

優先順位を考えるといろいろと条件が挙がってきて、全てを優先順位をつけて転職の際の条件にしているケースがあります。

もちろん、条件を考えて挙げていくことは大切ですが、条件が多過ぎると見つかりません。

結果として、8割型条件を満たしているものも見落としてしまい、転職時期が近づくにつれて焦ってしまい。6割型しか条件を満たしていない職場を選択してしまうことになることがあります。

条件を挙げる際は、優先順位をつける条件を3つまでに絞ると良いでしょう。

まとめ

看護師の転職で優先順位が大切と言いますが、優先順位を挙げた方が良い理由から優先順位として上位に挙がりやすい条件、そして優先順位を挙げる際の注意点を説明してきましたが、いかがでしたか?

看護師は求人が非常に多いため、優先順位を挙げていかないと絞り込むことができない、といった点や、看護師の転職先の多様化などが、優先順位を挙げることが大切な理由になります。

また、看護師の優先順位で上位に挙がってくるのは、給与や仕事内容、休日や勤務時間、雇用形態などがありますが、看護師の殆どが挙げる内容としては人間関係があります。

もちろん、人間関係は自分に合っていることで良いと言えるため、非常に難しい部分ではありますが、少なくとも離職率が低かったり職場の平均年齢が自分と一緒くらいであるなどで判断していきます。

優先順位を挙げる際の注意点としては、やはり理想と現実が乖離していないかどうかですね。優先順位の上位に挙げているものを組み合わせた職場がそもそも存在しているのかどうか、という点ですね。

こういった部分に関しては、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに相談すれば、一発で解決する可能性があります。多くの看護師の転職のお手伝いをしている転職コンサルタントであれば、優先順位の組み合わせに無理がないかどうか、そして最適な職場の選択肢などを教えてくれます。

優先順位を決めかねている、というケースでもどんどん転職コンサルタントを活用すると良いでしょう。きっと自分の現在の状況に適した優先順位を導き出してくれますよ。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる