看護師の転職で電話での在籍確認ってあるの?

img-40

看護師の転職で電話での在籍確認はあるのでしょうか?

最近では在籍確認の電話というのはほとんど聞かなくなりましたが、それでも看護師にはいろいろと注意することがあります。

看護師の転職で電話での在籍確認自体はほとんどない

img-35

看護師の転職で電話での在籍確認自体は、現在行っているところはほとんどありません。

よって、電話で在籍確認があるのが怖いという理由で、転職活動を控える必要はありません。

しかし、看護師の場合は電話での在籍確認がなくても、確認できるケースが存在していることもあります。

例えば、同じ地域の別の職場に転職しようとした際に、看護部長が知り合いということも少なくありません。

となると、看護部長同士が顔を合わせた時に、雑談レベルでの確認はあったりします。

どちらかと言うと在籍しているかどうかの確認というよりは、その看護師の評判や仕事ぶりを確認するといった感じですね。

問題がない看護師のことであれば、それ程深い話になることもなく、さらっと話が終了しますが、勤務態度などに問題があれば、そこで情報が行くことがあります。

看護師の世界というのは狭いので、同じ地域で転職をする際は特に注意が必要です。基本的にはまじめに仕事をしていれば問題はありませんが、それでも情報が筒抜けになっていることがあります。

転職理由として面接時に話した内容と、現在の職場に対して話した退職理由が違ったりしても、問題となることもあります。

よって、転職活動自体も誠実に行っていくことが大切と言えますね。

看護師の転職で電話での在籍確認がなくても・・・

img-27

看護師の転職で電話での在籍確認はほとんど存在しないと説明しましたが、在籍確認がないからといって、不誠実な転職活動、勤務態度でも良いのかと言うとそうではありません。

いつどういった形で確認されているか分からないためです。看護師の世界は狭いので、たまたま面接官と在籍中の職場の上司が知り合い、といったことも少なくありません。

それに、もう1つ重要なこととして、履歴書の職歴はしっかりと間違いのない情報を書かないと公的文書の偽装の罪を問われることがあります。

これを軽く見ている方も多いかもしれませんが、履歴書の経歴によって経験加算が決まり、給料の額に反映されているわけです。

つまり、間違った経歴によって多くの給料をもらっているとなると、金銭の問題が絡んでくるわけです。

これで、履歴書の職歴が実際と違っているということは、重大な問題であるというのが分かりますよね。

まずは、在籍確認があるかどうかを心配するよりも、在籍確認を仮にされても全く問題ないような状態であることが大切です。

看護師が転職で電話での在籍確認を嫌う理由

img-26

看護師が転職で電話での在籍確認を嫌うのは、履歴書に嘘があるからというよりも、職場に確認の電話が入ること自体を嫌っていることが多いです。

というのも、職場に退職の意思を伝えていない状態で転職活動をしていることも多いためです。

つまり、職場に連絡がいくことで、転職活動をしていることがバレてしまうことを恐れているということです。

また、退職の意思表示をしている場合でも、次にどの職場に転職するのかを知られたくない方もいるでしょう。

場合によってはなかなか退職届を受理してもらえずに、実家に帰るなどといった嘘をついていることもあります。

そういった時に実家とは違う地域の医療機関から電話での在籍確認があると、一気にバレてしまいますよね。こういったことが電話での在籍確認を嫌う理由として挙げられます。

在籍確認がないに越したことはありませんが、在籍確認が仮にあっても問題ない状態にしておくことも意識することが大切かもしれません。

例えば、退職の意思表示をした上で転職活動をしないと、引き止めなどにあった時に転職先に迷惑をかけることも考えられます。

実際に、入職時期が1ヶ月ずれてしまうというケースは珍しくありませんから。在籍確認を恐れる気持ちがあるということは、転職の段取りの中で上手く進められていないものがあるからです。

その部分を見つめ直すことも大切なことと言えます。

まとめ

看護師の転職で電話での在籍確認について説明してきましたが、いかがでしたか?

一言で内容をまとめると、電話での在籍確認自体はほとんど存在しないが、電話での在籍確認を恐れる気持ちがあるということは、転職計画が上手く進められていないということに繋がっている言えます。

転職活動で1つ1つの段取りをきちんと踏んで行えているのであれば、電話での在籍確認があっても何も問題ないはずです。

そこには退職の意思表示ができていなかったり、退職届を受理してもらえていない、退職するために嘘の退職理由を伝えている、引き継ぎができていないなど、問題が残っていることが考えられます。

転職するためにはいろいろと気を遣うこともありますし、しなくてはいけないことが多いです。

その時に看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用して、アドバイスをもらいながら進めていくと良いでしょう。

転職をどうやってスムーズに進めていけるか、今までの転職支援をしてきた経験から、適切なアドバイスをきっともらえると思いますよ。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる