看護師が転職で良かったと思うあるあるベスト3

img-17

看護師が転職で良かったと思うあるあるベスト3を紹介します。

看護師の多くが転職を経験したことがありますが、良かったと感じることもあれば失敗だったと感じることも当然あります。

良かったと思う時にはそれ相応の理由がありますので、その点を参考にしてください。

看護師の転職で良かったと感じるあるあるベスト3⇒希望する配属先に転職できたこと

img-01

看護師の転職で良かったと感じるケースで、希望する配属先に転職できた、というものがあります。

どういった看護師に多いかというと、20代半ばから後半にかけての転職ですね。

看護師の多くは最初の就職先に関しては配属先を選択できません。もちろん希望は出せるケースはありますが、そもそもの話として、新卒の看護師は仕事をしたことがないため、どの配属先を希望する、といったものがない方も多いです。

また、最初の就職先の多くは大学病院や公的な病院、大規模な総合病院になりますので、多くの新卒看護師が就職することもあり、一人一人の希望を聞くことができません。

例えば産婦人科病棟が人気で外科病棟の希望者がいない、となると病院側からすると到底新卒看護師の希望を叶えることができません。新卒看護師が欲しい部署は外科病棟や内科病棟などですから。

ということで、最初の勤務先では勤務先主導での配属先になり、そこで数年間経験を積むケースが一般的です。目安が3年ですね。

3年間勤務すると看護師としてもプリセプターまでの業務を一通り経験し、一人前の看護師として仕事ができる状態になっています。そこで、自分自身のキャリアについて真剣に考えるようになるのです。

看護師の職場としては病棟はもちろんですが、オペ室や救急外来、検査室などいろいろな部署があります。

病棟に関しても外科系病棟、内科系病棟といった感じの幅広い分野に対応している病棟もあれば、循環器外科病棟、消化器内科病棟など専門性を打ち出した病棟もあります。

3年間看護師として勤務した上であれば、自分自身がどういったキャリアを積んでいきたいか明確になっているものです。明確になっていれば、次の職場としてどの配属先を希望すると良いかが見えてきます。

そして、その配属先に転職することができた時に、転職して良かったと感じることができます。もちろん、仕事の面においてより一層きつくなったというケースもあります。

しかし、仕事内容がイメージしていたものと同じであれば、どれだけしんどくても頑張ることができます。その先に転職して良かったという感情が生まれるのです。

看護師が転職で良かったと感じるあるあるベスト2⇒人間関係が改善された時

img-19

看護師が転職で良かったと感じるあるあるで、やはりこれは外せません。看護師は人間関係で悩んでいる方が多く、それを改善したくて転職する方が多いためです。

しかし、人間関係の改善というのは非常に難しいものがあります。というのも、勤務してみないと分からないためです。

看護師転職支援サイトなどを活用し、転職コンサルタントに要望として人間関係が良いところ、と伝えたことがある看護師も多いことでしょう。あなたも伝えたことがあるかもしれませんね。

その時の回答の多くは、「人間関係が良いかどうかの噂話程度は耳に入ってくることがあるが、実際にあなたが人間関係が良いと感じるかどうかは入ってみないと分からない」といった感じだと思います。

そうなんです、噂話としての人間関係の情報は、例えば勤務したことがある看護師から聞くことがあったりします。また、友人が勤務していて人間関係が良い、悪いといった情報を教えてくれる看護師もいます。

こういった情報をもとに転職コンサルタントが噂話として把握していることはありますが、本当に人間関係が良いと感じるかどうかは本人次第としか言えません。

逆に言うと、それだけ人間関係の問題は難しく、転職によって解消されることができると、その時に良かったと感じる喜びは大きなものになるのです。

看護師が転職で良かったと感じるあるあるベスト1⇒総合的に不満が解消された

img-11

看護師の転職で良かったと思うケースで最も多いのは、やはり総合的に不満が解消された時です。先に断っておきますと、全ての不満を完璧に解消してくれる職場はありません。

しかし、少しずつ解消されるという職場であればあります。例えば残業が月40時間以上あったのが、月20時間になった、その上で給料が月給1万円上がった、人間関係も親切な先輩ばかりで問題ないといった感じです。

1つ1つの事柄を見るとそれだけでは完璧ではないかもしれませんが、全てを組み合わせるとかなりの改善になります。

上記で上げた例を、残業が多くてその割に給料が安い、さらに嫌いな先輩がいる、といった感じで例えてみると、総合的にかなり不満点が解消されていることが分かりますよね。

看護師自身も全てが完璧に希望通りになっている職場はほとんどない、ということは理解しています。その上で、不満に感じている部分を総合的に少しでも解消し、気持よく仕事がしたいと思っているのです。

まとめ

看護師の転職で良かったと感じるあるあるをランキング形式で説明しましたが、いかがでしたか?

もちろん、あなた自身の状況、どういったことを転職に求めているかで、他にも良かったと思うケースはあると思います。

しかし、基本的にはキャリアと条件面、そして人間関係の改善という部分が看護師の転職で良かったと感じることに繋がります。

1つが完璧にクリアされれば転職で良かったと感じる看護師も多いですが、ベスト1で説明したように、不満自体も総合的になっていることが少なくありません。

そういったことから考えると、現在の職場に対する不満点を全て挙げていき、転職先でどれだけ改善されるのか、もしくは改善されると思われるかを検討して転職を決めることが大切です。

しかし、総合的に比較するとなると多くの情報が必要になり、その情報を整理するのも大変です。看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用し、情報の収拾と整理のお手伝いをしてもらうと良いでしょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる