看護師の転職で男性にとって居心地の良い職場を探そう

img-02

看護師の転職で男性にとって居心地の良い職場はどうやって探したら良いのでしょうか?

近年男性看護師も増えており、男性看護師が珍しいこともなくなりましたが、それでもやはり一般的とまでは言えませんよね。居心地の良い職場の探し方を紹介します。

看護師の転職で男性の居心地は求められているかどうかで決まる?

img-19

看護師の転職で男性の居心地は求められているかどうかで決まってきます。簡単に言うと、男性看護師が歓迎されているかどうか、ということですね。

まず、看護師の仕事内容を簡単に整理してみましょう。基本的に看護師の仕事は医師のサポートと患者様のお世話ですよね。ベースはどの病院でも同じです。

患者様のお世話という仕事内容は、主に病棟での業務になってきます。患者様の様子を観察したり、介助的な業務なども入ってきます。こういった仕事は基本的に女性の方が向いているケースが多いですよね。

これは女性じゃないとダメ、というわけではありませんが、仕事内容の向き不向きというものがあり、患者様からしても中には男性看護師にお世話をしてもらいたくないと感じている方もいます。

特に女性の患者様に関しては、男性看護師にお世話をしてもらうことに抵抗があるケースも有るようです。こういったことから、男性看護師が歓迎されていないケースが少なくないと言えます。

逆に医師のサポートとしての看護業務はどうでしょうか?オペ室や救急外来などが多くなってきます。こういった仕事内容に関しては判断力や体力、行動力が必要となり、どちらかと言うと男性が得意としていることに一致してきます。

もちろん、オペ室であれば医師に対する気配りなども大切になりますが、それは経験を積むことで対応できるようになることです。

それよりも、判断力や行動力は経験によって補うこともある程度できますが、性格的な面も大いにあります。男性、女性と一概に分けてしまうことはできませんが、男性に向いている方が多いことは事実です。

つまり、オペ室や救急外来では男性看護師が歓迎されるケースが多く、これが居心地の良さに繋がります。

転職をする際の候補として検討すると良いでしょう。

看護師の転職で男性の居心地の良さは男性の数が関係している?

img-12

看護師の転職で男性の居心地の良さは男性の数が関係していることがあります。これは、男性看護師が多いかどうかという点もありますが、男性職員の多さも関係していると言えます。

例えば、介護施設であると男性の介護職員もいます。また、施設長が男性というケースも少なくありません。つまり、病院の看護部よりも女性の職場という感じがしないと言えるのです。

仮に女性の方が多かったとしても、男性の数も一定数いることで女性の職場という雰囲気がなくなります。女性も男性がいることで少し遠慮する部分も出てくるためです。

女性だけの職場は人間関係が難しいと言われていますが、それがこの部分ですね。陰口や無視などの陰湿ないじめも、男性がある程度いることで少なくなります。

自分自身がいじめの対象になっていないとしても、男性看護師からするとそういったことが起きている環境が居心地が良いとは感じません。

こういったことからも男性がある程度存在している職場が、男性看護師の転職先として候補に挙がってくると言えますね。

看護師の転職先で男性の定番は?

img-28

看護師の転職で男性の定番はやはり精神科ですよね。もともと男性看護師は精神科で勤務するために生まれたとも言われているくらいですから。

最近では患者様へのアプローチも大分変わってきていますが、昔は暴れる患者様を押さえつけたりするのが仕事でした。つまり、男性看護師でないと出来ない仕事だったわけです。

現在では男性も女性も均等に存在しているのが精神科になっており、選択肢の1つとしては今でも男性看護師の中ではトップになっています。

やはり、看護部長が男性であることが多く、男性看護師がキャリアを築いていく上で精神科は最適だと言えるためです。

また、近年透析室も男性看護師が増えています。これは男性看護師というだけでなく、臨床工学技士の資格も持った男性看護師が増えていると言えます。

透析室で看護師と臨床工学技士の資格を持っていると、管理職になりやすくなります。その結果として高収入にもなりやすいのです。

男性看護師の場合、やはり一生現場ではなく出世したい、管理職になりたいという気持ちは強い方が多いです。

となると、やはり男性看護師の管理職が多い職場が、転職先として候補に挙がりやすくなります。これが精神科や透析室が、男性看護師の転職先の定番となっている大きな理由ですね。

まとめ

看護師の転職で男性が居心地の良い職場を探そうということで、いろいろな男性看護師の職場を紹介しましたが、いかがでしたか?

基本的には、男性看護師が歓迎されている職場かどうか、男性職員が一定数在籍している職場かどうか、男性看護師が出世しやすい職場かどうかという視点で考えて、転職先を探すと良いでしょう。

実際に例として挙げてきた職場が当然候補となるわけですが、気をつけないといけない点も当然あります。一言で言うと、一概には言えないということですよね。

上記で挙げてきた職場は全て男性看護師を歓迎しているとは限りませんし、男性職員が一定数在籍しているとも限りませんし、出世しやすいとも限らないのです。

やはり1つ1つの職場によって考え方が違っていますので、そういった点を看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに確認し、転職先を決定するようにしましょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる