看護師が転職後後悔した場合はどうしたら良いの?

img-34

看護師が転職後後悔することも当然あると思います。そういった時にはどのような選択肢があるのでしょうか?

後悔した場合に再度転職するのか、それとも我慢して一定期間は仕事をするのか、どういった選択がベストなのかを考えましょう。

看護師が転職後後悔した時に一定期間我慢するケース

img-06

看護師が転職後後悔した時に、一定期間我慢して勤務するという選択肢があります。

この一定期間というのは一般的には1年間というケースが多いので、1年間我慢して勤務するケースについて説明します。

まず、1年間我慢して勤務するケースとして最も多いのは、大学病院や公的な病院で勤務している看護師ですね。

これは、大学病院や公的な病院は、4月入職の3月退職という年度替わりを意識した入退職の時期を設定しているためです。

よって、途中で辞めたいと思っても、よほど根気強く交渉しないと退職できなくなっています。

多くの看護師はその退職の交渉に疲れて、次の3月まで我慢しようとなるのです。

そして、もう1つの気持ちとして、すぐにでも再度転職したいが、履歴書に傷がつくので1年間くらいなら我慢しよう、というのもあります。

確かに1ヶ月や2ヶ月で退職すると、履歴書上も見た目がよくありませんし、面接時にまず間違いなく早期退職の理由も聞かれるでしょう。

早期退職の履歴を作ってしまうことで、面倒な面接になってしまう可能性が高くなると言えます。

しかし、一定期間としての1年間を我慢して勤務したとして、それが履歴書上良い結果をもたらすかどうかは分かりません。

もちろん、3年以上の勤務となれば良いですが、1年というのは大きな問題とはならないにしても、それ程しっかりとした職歴にはなりません。

例えば、1年間での退職が数か所続くと、転職癖がついていると見られてしまう可能性も出てきますよね。

転職後後悔しても1年間は我慢する、というのは、何回も繰り返していると我慢した意味が全くなくなってしまいます。

後悔した場合の対処法としては、1年間と区切ることで我慢しやすくなるので良いですが、応急処置的なものと理解し、同じようなことがないように、次は数年間勤務できる職場を慎重に探しましょう。

看護師が転職後後悔した時にすぐに退職するケース

img-13

看護師が転職後後悔した時に、すぐに退職するという選択肢もあります。実際に看護師はこの選択肢をとっている方が多いのではないでしょうか。

例えば、クリニックなどでは結構多いパターンですね。入職してみないと院長との相性は分かりませんし、仕事のやり方もクリニックごとに違っていることが多いためです。

クリニックの場合は院長の考え、やり方によって看護師の仕事内容が変わってきますので、当然といえば当然ですね。

よって、仕事をしてみて自分に合っているかどうかを判断し、合わなければ数週間、場合によっては数日で後悔し、退職することがあります。

ただ、一般的にこの場合の早期退職は、それ程大きな後悔を感じるわけではありません。仕方ないという気持ちの方が強いかもしれません。

すぐに退職し再度の転職をする場合には、後悔する気持ちをずっと持つ余裕がないのも事実です。後悔するよりも次の職場を探す活動に専念できるからです。

気持ちを早い段階で切り替えることができるのです。しかし、1回であれば問題ないですが、これが複数回になってくると、転職後に後悔した時に、思い悩むようになります。

先ほどのクリニックの事例でいうと、クリニックという選択肢が間違っているのかもしれない、私にはクリニックは向いていないと感じるようになるのです。

すぐに退職するという選択は1回だけとし、そこで感じた後悔をきちんと解消できる職場を慎重に探すようにしましょう。

看護師が転職後後悔した時に出戻りを選択するケース

img-17

看護師が転職後後悔した時に、出戻りを選択するケースがあります。一般的には出戻りを選択する方は非常に少ないように思うかもしれませんが、看護師の場合はそれ程珍しいことではありません。

退職の際に特に揉めるようなことがなく、就業規則に則って退職手続きを踏んでおけば、出戻りも普通に歓迎されます。

よくあるパターンとして、ちょっと他の職場を経験してみたいと思って3年間程度勤務した職場から転職した際に、転職前の職場の良さが分かり、出戻るというものです。

看護師の場合、職場はある程度限定されますし、どこに行っても看護師としての仕事をすることには変わりありません。

また、数年間の勤務後に別の職場を見てみたいと考えるのは、看護師の世界ではそれ程珍しいことではありません。

転職後に、やはり以前の職場の方が良いと思って戻ってきたいとなったのであれば、それはそれで嬉しいことですよね。

よって、出戻りの希望があった場合に、気持よく受けてくれるのです。但し、上記でも少し触れたように、退職を綺麗に行っていることが絶対条件です。

看護師の世界は狭いので、しっかりと手続きを踏んで、立つ鳥あとを濁さず、ということを心がけるようにしましょう。

まとめ

看護師の転職後後悔した時にとることができる選択を3通り説明しましたが、いかがでしたか?

ありきたりな方法ではありますが、各々にメリットやデメリットがありますし、注意点などがあるケースもあります。

よって、どの選択をするかは、自分自身の状況を客観的に見ながら判断することが大切と言えます。

一定期間我慢する場合は、一定期間を定めることで我慢しやすくなることがあります。そして、その中で本当に自分に向いていない職場なのかどうかをじっくりと検討することができます。出戻りをする場合には、出戻りができる状態で退職していることが重要になりますよね。

こういったことをしっかりと把握していれば、転職後に後悔した時でも、いろいろな選択肢の中から適切な選択をすることができます。

しかし、どういった選択が適切かは、なかなか自分では判断しにくいこともあるでしょう。そういった時に、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに話を聞いてもらうと良いかもしれません。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは、転職の斡旋をすることが仕事ですので、転職を強引に勧めてくるのではないか、という不安があるかもしれません。

確かに可能性がないわけではありませんが、優秀な転職コンサルタントは長い目で見ることができます。

つまり、すぐには斡旋できないことになりますが、一定期間我慢してから転職した方が本人にとって一番の場合は、そうアドバイスしますし、出戻りが本人にとって一番の時にはそうアドバイスします。

看護師の場合は、長いスパンで考えていくと、生涯数回の転職はあります。最適なアドバイスをすることで、1回だけでなく2回、3回目の転職もサポートすることができることを知っているのです。

強引に転職を勧めてくる転職コンサルタントはお断りし、あなたの状況を適切に把握してアドバイスをしてくれる転職コンサルタントを利用するようにしましょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる