看護師の転職は何年目がベストと言えるの?

img-39

看護師の転職は何年目がベストと言えるのでしょうか?

基本的に何年目であっても看護師不足の現状においては、転職はできます。

しかし、より好条件で転職しようと思うと、何年目という部分も大切なのです。

看護師の転職で何年目かを考える時3年目は外せない?

img-34

看護師の転職で何年目がベストかを考える時に、3年目は外せません。というのも3年目で転職を考える看護師は最も多く、満3年で実際に転職しているケースも多いためです。

ではなぜ3年目で転職を考え、満3年で転職するのでしょうか?

看護師の場合、1年目は新人として仕事を覚え、2年目で実践する、そして3年目でプリセプターとして新人教育に関わる、といった感じになり、満3年で一人前の看護師になります。

そして、一人前の看護師になった上で、自分自身の今後のキャリアを考えて転職する、というケースが多いのです。また、他の職場を見てみたいといった気持ちになる看護師も多いですね。

もちろん、現在の職場に大満足の状態であれば、3年目でも転職を考えることはありません。しかし、看護師が大満足で仕事をしているというケースは本当に稀です。

条件面や労働環境等で、何かしらの不満を持って仕事をしている看護師がほとんどです。となると、1つの区切りとなる3年目を終了し、満3年で転職する、という流れも納得できます。

また、採用側からしても3年目を終了した看護師であれば、とりあえずは即戦力として採用できます。そして、夜勤などもしっかりとこなせる、若くて体力もあるということもあり、労働力として最も欲しい年数とも言えます。

こういったことから、需要と供給のバランスで考えても、3年目を終了した満3年の看護師は転職時期としては最高と言えるでしょう。

看護師の転職で何年目が良いかを考えるとやっぱり10年目?

img-09

看護師の転職で何年目が良いかを考えると、やはり10年目という数字が出てきます。10年目となると多くの看護師が30代前半です。

看護師は様々なライフスタイルの変化があり、この30代前半となると結婚や出産、子供の入学入園などが発生してきやすくなります。

その中で看護師としての働き方を変えようと考える方も少なくありません。

例えば、クリニックでパートとして扶養範囲内で働こう、夜勤がない職場で仕事をしよう、日曜日は休める職場で働こう、といった感じのことがパッと頭に浮かびます。

こういった条件での職場を探そうと思うと、どこでもというわけにはいきません。逆に採用してもらうことが難しくなってしまうということもあります。

しかし、10年目の看護師であると、経験がきちんとありますので採用されやすくなる傾向があります。

特にクリニックなどの教える人材がいないケースが多い職場では、10年ほどの経験がある看護師からの応募があれば、非常に喜ばれます。

もちろん経験が全てではありませんが、勤務条件などがある時には、それなりに経験をしっかりと積んでいることが大切ですね。

看護師は転職を何年目までに行った方が良いのか?

img-13

看護師は転職を何年目までに行った方が良いのでしょうか?

上記で述べたように、3年目や10年目は看護師が転職を考えるタイミングとしてベストと言えますが、その時しか転職してはいけません、というものではありません。

また、看護師の場合は幅広い年齢層での採用がありますが、とは言っても経験と年齢のバランスを考えての採用が多いですね。

つまり、何年目までが良いというよりも、どういった経験を積んできているのか、という視点で見られているということを知っておきましょう。

その上で看護師の転職を何年目までに行った方が良いというのは、強いて言えば20年目までですね。経験20年以上は条件面などが転職によって悪くなる傾向があります。

単刀直入に言うと、経験加算がつかなくなって、尚且つ夜勤などの回数が減ることで、年収が下がってしまっている50代の看護師も少なくありません。

何年目までという明確なものはありませんが、40代以降は出来るだけ転職を控えるようにしましょう。

まとめ

img-12

看護師の転職を何年目までに行ったら良いかをいろいろと述べてきましたが、いかがでしたか?

看護師の転職は3年、10年、20年といった感じで、一応転職時期があります。

特に3年となると一通りの看護師としての仕事ができるようになり、求人先からしても即戦力として期待できるため、好条件での採用の可能性が高くなります。

また、プライベートにおける転機のタイミング、特に女性がまだまだ多い看護師という仕事では、結婚や出産、子育てによって転職を考えやすいタイミングがあります。

それが10年、20年といったタイミングです。看護師という仕事は資格があって身体が元気であれば何歳でもできる仕事ではありますが、好条件での転職を考えた場合は、20年目以降の転職はなるべく避けた方が良いですね。

ただこの辺りは、転職先の業種によっても異なりますので、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを活用し、業種別の転職事情も把握しながら考えていくと良いでしょう。

自分自身で転職は何年目まで、と決めてしまう必要はないですよ。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる