新人看護師のストレスの要因と解消法を解説

img-35

新人看護師のストレスの要因と解消法って気になりますよね。

新人看護師はやはり多くのストレスと対峙しなくてはいけません。どういったストレスが多いのか、そしてどのように対処したら良いのかを解説します。

新人看護師のストレスの要因で最も多いのはやはり人間関係?

img-19

新人看護師のストレスの要因で最も多いのは、やはり人間関係と言えます。ここで言う人間関係はプリセプターや先輩看護師が挙げられます。

新人看護師は、まずは仕事を教えてもらわないと何もできない状態なので、プリセプターがついて一対一で教えてもらうプリセプター制度が一般的になっています。

しかし、実際にもこのプリセプターとの相性によって、新人看護師のストレスは大きく変わる部分があり、仕事を覚えて慣れるまでのスピードにも影響しますし、最悪早期退職にも繋がっています。

しかも、プリセプターを新人看護師が自分で選ぶことはできませんので、相性の問題は本当に運が良いかどうかになってしまいます。

また、プリセプターだけではなく、周りの先輩看護師との人間関係も新人看護師のストレスになることがあります。というのも、プリセプターが休みなどでいない時には、先輩看護師から教わることもあるためです。

新人看護師からすると年上の人から教わるわけですが、丁寧に教えてくれる先輩看護師もいれば、新人が嫌いで冷たく接してくる先輩看護師もいます。

そういった環境の中で、新人看護師は自分自身で上手く立ち回って、人間関係での問題ができるだけ生じないようにしていく必要があります。

その事自体大きなストレスになっています。看護師の人間関係問題は永遠に消えることのないストレスの要因と言えますね。

新人看護師のストレスの要因は仕事に慣れれば解消される?

img-20

新人看護師のストレスでもう1つ大きいのが、やはり仕事に慣れないことです。仕事に慣れていない状態で仕事をこなしていくのは、新人であれば当たり前のことです。

よって、看護師が特別というわけではありませんが、ただ仕事内容に対する責任が大きすぎるという点があり、それが莫大なストレスの要因になっているケースがあるのです。

新人看護師の間は何も分からないため、ちょっとした変化や少しミスをしてしまったということがあっただけでも、心配になります。経験がない中で人の生死に関わる仕事をしている、という実感があれば、当然といえば当然ですよね。

しかし、こういったことは経験を積んでいけば解消されていきます。例えば、ちょっとした変化が患者様にあった場合でも、経験から状況を把握することができます。

状況を把握することができれば、それ程心配することはありませんよね。そして、ちょっとしたミスをした場合でも、そのミスがどういった影響を患者様に及ぼすか見当がつきますので、冷静に対処ができます。

こうなるともう仕事が多きなストレスになっているとは言わないですよね。

もちろん、仕事に慣れるまでにストレスに押し潰されて退職してしまう新人看護師もいますが、それを乗り越えれば看護師としての自信もつき、新人看護師を卒業することができるのです。

新人看護師のストレスの要因で外せないのは長時間勤務?

img-28

新人看護師のストレスの要因は人間関係や仕事に慣れていないことだと上記で説明してきましたが、もっと根本的な要因ではやはり長時間勤務が挙げられます。

新人看護師は学生から社会人になったばかりの方が多く、社会人から看護師を目指す方以外は初めて正社員として仕事をすることになります。

ということは、例えば週40時間勤務するだけでも初めての経験と考えるとかなりのストレスになることが考えられます。

それが新人看護師に関しては、研修などを勤務外に行ったり、自宅でレポートを書いたりしないといけない職場もあり、仕事に関わる時間が非常に長くなっているケースがあります。

仕事に早く慣れるために必要なことでもありますが、いきなりの長時間勤務に心身ともに疲れ果て、ストレスを抱え込んだ結果、爆発して退職してしまうということも起きているのです。

新人看護師のストレスを解消するために

img-11

新人看護師のストレスを解消するためにはどうしたら良いのでしょうか?

人間関係が要因のストレスは自分から積極的に関わることで改善できる

プリセプターや先輩看護師との人間関係のストレスを挙げましたが、特にプリセプターについては運の部分が大きいです。自分に合っているプリセプターを自分で選ぶことはできませんから。

であれば、深く考えても仕方ないことと言えます。また、転職したからといって解消される保証は全くありません。

心がけて頂きたいのは、まずはしっかりとプリセプターや先輩看護師に質問をする、そしてメモをすることです。これが職場で最も簡単な人間関係を構築する方法です。

確かに看護師の職場では、プリセプターがバタバタと仕事をしていて、聞きにくい雰囲気があることも少なくありません。

しかし、タイミングを図って質問をする時間はあるはずです。忙しそうだから聞けない、教えてくれないから教えてくれるまで待っている、という姿勢が、人間関係を円滑に構築できない大きな要因になっていることが多いのです。

仕事に慣れないことが要因のストレスはプリセプターとの人間関係が構築されれば解消される?

プリセプター制度の主旨は、仕事に慣れないことが要因のストレスを解消するための制度、ということができます。

プリセプターは卒後3年目くらいの看護師が多く、経験もそこそこあり新人時代のことも記憶に新しい方が選ばれています。

これは、新人看護師への教育指導以外にも、相談相手にもなるようにという意味合いが含まれているのです。

仕事に慣れないことが要因のストレスは、仕事上での患者様の変化やミスなどに対して、その後どうなるか分からない、どう対処して良いか分からないことから発生しています。

であれば、経験があるプリセプターに早い段階で相談し、教えてもらうことで解消できるのです。

もちろん、最終的にはプリセプターの指示に従って対処することになりますが、早めに相談することでストレスに感じる期間が短くなり、精神的負担が軽減されます。

早めに相談するためには、やはりプリセプターとの人間関係がしっかりと構築されていることが重要ですよね。結局は人間関係と仕事に慣れることは繋がっていると言えますね。

長時間勤務がどうしても耐えられなければ転職も1つの手段

長時間勤務によるストレスは、入職から時間が経つにつれて軽減していきます。

これは、長時間勤務に慣れてくることと、仕事を覚えることで要領が良くなり、時間外勤務が少なくなったり持ち帰りのレポートなどにかかる時間が少なくなったりするためです。

後者であれば問題ないですが、前者であると更に仕事量が増えて勤務時間が増えたりすると、もう耐えられないとなるケースがあります。

また、そもそも長時間勤務に慣れることができず、体調を崩してしまう新人看護師も少なくありません。

そういった時には思い切って転職することも1つの手段です。新人看護師のうちに転職するなんて、という気持ちもあると思いますが、勤務時間に関しては職場によって大きく異なっている実情があります。

そして、新人看護師が多く入職する大学病院や公的病院、総合病院では、新人研修等がしっかりとしている反面、研修や勉強会、レポートなどを含めてより長時間勤務になっているケースが多いです。

つまり、地域密着型の病院など少し規模の小さな病院に転職すれば、長時間勤務が大分解消されることもあります。

その分研修体制があまりしっかりしていなかったりというのもありますが、逆に個別対応で教えてもらえますので、自分のペースで仕事を覚えることができます。

職場によって良し悪しはありますが、自分にとってどういった環境が向いているかを考えて選択することが大切と言えるでしょう。

まとめ

新人看護師のストレスの要因にはどういったものがあるのか、そしてその解消法にはどういったものがあるのか、といった部分を説明しましたが、いかがでしたか?

新人看護師のストレスの要因は大きく分けると「人間関係」「仕事への慣れ」「長時間勤務」になります。どれもなかなか解消することが難しいものですが、ちょっとした心がけで解消できる部分もあります。

「人間関係」や「仕事への慣れ」はプリセプターや先輩看護師に自分から質問をしていく時間を見つけて積極的に話しかけていく、そして教えてもらったことをメモして実践していくことで解消されていきます。

もちろん簡単なことではありません。忙しい看護師の職場でプリセプターや先輩看護師に質問をする時間は限られていると思います。

そのタイミングを逃さずに質問していくことが、人間関係の構築、そして仕事の慣れへと繋がって行くのです。

また、長時間勤務に関しては基本的には時間が解決してくれます。しかし、半年勤務したけども辛くて仕事に行くのが億劫だ、という状況があるようでしたら、思い切って転職するのも1つの対処法と言えますね。

転職といっても同じ失敗はできないということで、かなり不安も大きいと思います。そういった時には、看護師転職支援サイトを活用すると良いでしょう。

あなたと同じように、新人看護師のうちに転職を考えた方への対応を多く行っている転職コンサルタントがいますので、あなたに最適な職場を提案してくれるでしょう。

何より相談相手がいることで心強いと思いますよ。まずは相談してみて、それから転職するかどうかを考えても問題ないので、気軽に利用してみてくださいね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる