看護師が夜勤なし(日勤のみ)の職場に転職するなら、その職場の特徴やメリット・デメリット、向き不向きや注意点をチェック!

img-14

看護師が夜勤なし(日勤のみ)の職場に転職する場合に、特徴、メリット・デメリット、向いている人や注意点にはどのようなものがあるのでしょうか?各々について詳しく説明していきます。

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場の特徴

img-07

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場の特徴にはどういったことがあるのでしょうか?

夜勤なし(日勤のみ)の職場の最大の特徴と言える入院(入所)施設がないこと

これがまずは最も分かりやすい夜勤なし(日勤のみ)の職場の特徴になります。

言い方を変えると、夜勤なし(日勤のみ)の仕事を希望しなくても、入院(入所)施設がなければ夜勤はほとんどのケースで存在しないのです。

もちろん、救急外来なども夜勤は存在していますが、救急外来の場合は当直という呼び方も多く、正式には夜勤ではないという特徴があります。

病院の病棟や介護施設では、入院(入所)されている方が常に存在しているため、夜間に看護師が行うルーチンの仕事も存在しています。これが夜勤の特徴なのです。

救急外来などでは、救急患者様の搬入があるかもしれないための待機であって、実際に働くことになるかどうかは分かりません。

それに、救急外来があるのも大抵は入院施設がある病院で、殆どのクリニックでは夜間の救急外来を行っていません。

他にも訪問看護なども夜間の呼び出しなどもあることがありますが、これも待機をしている中での可能性の話ですので、夜勤とは違ってきます。

夜勤なし(日勤のみ)の特徴としては入院(入所)施設がないというのは、それが全てとは言い切れませんが、まず大枠の特徴として認識しておくと良いでしょう。

夜勤なし(日勤のみ)の職場で特徴的なのはママさんナースが多いこと

これは例えば病院の病棟や介護施設で勤務する、つまり通常は夜勤がある職場で夜勤なし(日勤のみ)での相談が可能な職場かどうかを見極める場合の特徴となります。

面接時に看護師の平均年齢や年齢層などを聞くケースも多いですが、併せてママさんナースが多いかどうかという特徴も確認しておくと良いかもしれません。

ママさんナースでも夜勤をしている方も当然いますが、夜勤なし(日勤のみ)の働き方を選択している方が多いという特徴も多いためです。

そういったママさんナースが多く在籍している病院の病棟や介護施設であれば、日勤のみで仕事ができる可能性が高いと言えます。

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場のメリット

img-02

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場のメリットにはどういったことがあるのでしょうか?

家庭との両立がしやすいことが最大のメリット

ママさんナースが夜勤なし(日勤のみ)を選択する理由には、やはり家庭との両立のしやすさにメリットを感じて、というケースが多いです。

ママさんナースは家事と育児があり、子供の関係で勤務時間の制限があって夜勤ができない、というケースもありますが、そもそも夜勤もして家事も育児もというのに無理がある、ということで夜勤なし(日勤のみ)の仕事にメリットを感じて選択する看護師が多いです。

子供がある程度の年齢、目安として小学校高学年以降になるまでは、夜勤なし(日勤のみ)の働き方を選択すると、その働き方によりメリットを感じ、無理なく看護師として仕事をすることができるでしょう。

体調を整えやすいこともメリットの1つ

夜勤なし(日勤のみ)での仕事となると、当然ながら生活サイクルを一定に保ちやすくなります。

どうしても夜勤があると、日勤と夜勤を繰り返すことによって生活リズムが乱れ、結果として体調を崩してしまう看護師もいます。

子育て等で夜勤なし(日勤のみ)を希望するケースが多いように思われがちですが、体調面を考えると夜勤が負担になっているケースも多く、体調面でのメリットを重視した結果、夜勤なし(日勤のみ)という働き方を選択していることも少なくありません。

体調不良から早期退職をしてしまうことが多い看護師は、夜勤なし(日勤のみ)の仕事に転職すると、夜勤なし(日勤のみ)の働き方に強くメリットを感じることができる状態になるかもしれませんよ。

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場のデメリット

img-16

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場のデメリットには、どういったものがあるのでしょうか?

最も大きなデメリットは給料が安いこと

看護師は給料が高い、というイメージがあるかもしれませんが、看護師の給料が高いのは夜勤手当が高いから、というのがあります。

つまり夜勤なし(日勤のみ)の場合、ズバリ給料が安いというデメリットが生じるケースがあります。

夜勤手当だけで月6〜10万くらいになっているケースが多く、夜勤なし(日勤のみ)で仕事をすることになると、これがそのままなくなってしまうためです。

夜勤なし(日勤のみ)で仕事をするのであれば、給料が下がることをデメリットとして感じない、もしくは上記のメリットを強く感じることが大切なことと言えるでしょう。

採用されにくいというデメリットも

夜勤なし(日勤のみ)の仕事は求人が少ないこともあり、応募者が多く競争率が高いケースが多いです。

となると、当然ながら不採用になってしまうことも増える、つまり採用されにくいというデメリットが発生しやすくなります。

特にクリニックや検診センターなどは看護師からの人気が高いこともあり、1人の採用に対して10名ほどの面接を行っていることも少なくありません。

どういった経験があれば採用されやすいのかの目安があれば良いのですが、特にクリニックなどは院長との相性などもありますので、採用基準も分かりにくいケースが多いのも、デメリットの1つですね。

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場が向いている人

img-26

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場が向いている人はどういった人でしょうか?

ママさんナースなど自分自身だけで生計を立てているわけではない人に向いている?

デメリットでも述べたように、夜勤なし(日勤のみ)の職場は給料が安い傾向があります。

よって、自分自身だけで生計を立てている人は、夜勤なし(日勤のみ)という働き方は向かない、つまりパートナーとともに生計を立てている人が向いていると言えます。

とはいっても、看護師であることには間違いありませんので、最低限1人暮らしができるくらいの給料はあります。

なので、例外的にシングルマザーで子供が小さい看護師も、転職先として夜勤なし(日勤のみ)の職場を選択しているケースもあります。

向いている人かというとそうではないかもしれませんが、プライベートと仕事のバランスを考えた時には仕方ないと割りきって我慢して夜勤なし(日勤のみ)で仕事をしている看護師も多いです。

仕事よりもプライベートを優先したい人に向いている?

夜勤なし(日勤のみ)の仕事は、基本的にキャリアアップに繋がるものよりも、精神的、もしくは体力的に楽な仕事であることが多い傾向があります。

よって、キャリアアップを目指している看護師よりも、プライベートを優先している看護師に向いている働き方と言えます。

もちろん、訪問看護や透析室のように専門性が高くキャリアアップに繋がる職場もありますが、それでも夜勤有の職場よりもゆったりと自分のペースで仕事に慣れていくことが可能な職場が多いです。

看護師の仕事に追われて、という生活から抜け出したいという気持ちが強い方には向いている転職先と言えるでしょう。

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場の注意点は?

img-01

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場の注意点にはどういったものがあるのでしょうか?

注意点1:求められていることをしっかりと把握して選択すること

もちろん看護師として転職するわけですので、看護業務をこなしていくことが求められているわけですが、夜勤なし(日勤のみ)の職場は職場ごとに求められていることが大きく異なることがあるという点が注意点として挙げられます。

例えばクリニックや検診センターであれば接遇マナーがしっかりしていたり、看護業務以外の掃除などの雑用も率先して行ってくれる看護師を求めていたりします。

そういった注意点をしっかりと把握して転職することは失敗しないためには大切なことと言えます。

注意点2:ずっと夜勤なし(日勤のみ)なのかを確認すること

クリニックや訪問看護、検診センターなどは、もともと夜勤なし(日勤のみ)なので問題ありませんが、例えば病院で夜勤なし(日勤のみ)で転職する際には事前に確認しておくことを忘れない、という点が注意点として挙げられます。

というのも、病院の場合例えば子供が小学生になったら夜勤もしなくてはいけない、もしくは数年単位で部署異動をしていて、異動先によっては夜勤もありうる、というケースもあるためです。

こういったことを確認していないと、数年後にはまた転職しなくてはいけなくなってしまいます。不要な転職をなくすためにも、事前に夜勤なし(日勤のみ)の条件などを確認しておきましょう。

まとめ

看護師の転職で夜勤なし(日勤のみ)の職場を希望する場合の特徴やメリットデメリット、向いている人、注意点を説明してきましたが、いかがでしたか?

夜勤なし(日勤のみ)の仕事の特徴は入院(入所)施設がないことや、職場内にママさんナースが多いことなどが挙げられます。

もちろん、入院施設がある病院でも夜勤なし(日勤のみ)でも働けますが、応相談となりますし、子供が何歳まで、などの制限がつくこともあります。

また、メリットとしてはプライベートとの両立がしやすい点もありますが、身体への負担が少ないという点も大きいですね。

逆にデメリットというと、やはり給料が安くなってしまうことです。生活していく上で給料が大幅にカットされてしまうと、やはりなかなか厳しいことも多いため、こういった点は注意が必要ですね。

こういったことを理解した上で、夜勤なし(日勤のみ)の仕事を探したいのであれば、看護師転職支援サイトを利用すると良いでしょう。

夜勤なし(日勤のみ)の求人は人気が高く、すぐになくなってしまう傾向にあります。

よって、自分自身で探すとなると、タイムリーな情報を常に見つけていかなくてはいけないため、かなり難しくなります。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを利用し、自分自身で探すのに手が回らない部分をサポートしてもらうようにすると、希望する職場を早く見つけて合格することができる可動性が高くなりますよ。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる