看護師の再就職は子育てとの両立が重要?

img-30

看護師の再就職は子育てとの両立がポイントになってくるケースが多いです。

というのも、離職して再就職する理由の中で、子育てが多いためです。よくあるパターンを説明します。

看護師の再就職で子育てとの両立を考えて離職⇒再就職となる場合

img-17

看護師の再就職で子育てとの両立を考えて、離職⇒再就職となることがあります。

流れを簡単に説明すると、大学病院の病棟で勤務中に結婚、結婚後もそのまま仕事を継続、そのうち妊娠・出産し産休・育休を取得、そしてその後職場に復帰。

ここまでは皆さんイメージしやすいことだと思います。大学病院などでは産休・育休の制度を利用している看護師も実際に多いです。

しかし、問題はここからです。妊娠・出産で1年以上現場から離れて復職する中で、体力的な部分や技術的な部分で、少し感覚が違っていることはありますよね。まずは少しイメージとの違いを感じます。

そして、次が子育てとの両立です。今までは自分の体力的な問題だけクリアすれば良かったですが、今は子供がいるわけです。残業ができる時間も限られますし、子供との時間もとっていくことが大切ですよね。

つまり、家に帰っても自分の時間はほとんどありません。大学病院では仕事においても余裕がないことが多く、仕事においてもプライベートにおいても余裕がない状態になってしまいます。

その結果、常にイライラした状態になってしまい、最悪子供にも冷たく接してしまうというケースもあります。そして自己嫌悪に陥り、余計にイライラしてしまって今度は仕事でもミスをする、まさに悪循環です。

こういった中で心身共に疲れ果て、離職する看護師が出てくるのです。こうなった看護師は、当然ながら子育てと仕事を両立しやすい職場を希望することが多く、外来やクリニックを希望することが多いですね。

ただ、結婚して、子育てをしても交代勤務をずっと続けている看護師は、基本的に看護師の仕事が大好きで、病棟でバリバリ看護師として働いていたい方が多いです。

こういった方は外来やクリニックに再就職したとしても、結局は物足りなくて早期離職してしまう可能性が高いです。

こういう方に最も適している環境は、急性期の地域密着型病院などでの病棟勤務ですね。大学病院と比べると、バタバタ感が違いますし、残業も大分少なくなります。

こういった職場は最近では24時間保育があるところも増えていますので、そういった環境に再就職すると、無理なく子育てとの両立ができるでしょう。

看護師の再就職 子育てが落ち着いたという理由の場合

img-13

看護師の再就職で子育てが落ち着いたのでそろそろ再就職したい、というケースがあります。この時にはどういった職場にどんな条件で再就職すると良いのでしょうか?

まず、子育てが落ち着いたということは、当然ながら数年間はブランクがあるということですよね。ブランクを埋めることができる環境がしっかりとあるところで再就職することが重要になります。

そして、多くの場合に勤務時間や勤務曜日の制限があります。例えば子供が小学生なので17時には家に帰っていたい、日祝は子供の習い事があるので勤務できない、などです。

ブランクもあっても勤務条件あるという状況になると、再就職に対してかなりの勇気が要りますよね。

その中でブランクのことを考慮しつつ子育ての状況も考えてくれるのが、復職支援制度や子育て支援制度を設けている病院です。

こういった病院では子供が一定の年齢に達するまでは、時短勤務であったり日祝休みでの勤務を可能にしてくれたりします。

看護師は女性が多い職場ということで、病院側も子育てに関する部分は理解しています。それを制度として支援する形を設けているかどうかというだけの話です。

ただ、制度として設けている病院でないと、やはり他の看護師の手前、特に若い独身看護師が多い職場では、子育てによる特例を認めることができません。それが若い独身看護師の不平不満に繋がってしまうためです。

まずは、子育てが落ち着いたという看護師の再就職先としては、復職支援制度や子育て支援制度がある病院で勤務することが、無理なく看護師としてのスキルを思い出すことに繋がります。

看護師の再就職で子育てを最優先に考える場合

img-09

看護師の再就職で子育てを最優先に考える場合はどうなのでしょうか?

子育てを最優先に考えるのであれば、仕事をしなければ良いのに、と思うかもしれませんが、仕事をしなくてはいけない事情を抱えた看護師もいます。

例えば旦那さんの収入がカットされた、下の子は小さいが上の子がお金がかかる年齢になってきた、などが多い理由ですね。

看護師は時給が高いため、そもそもこういった時にちょっと家計の足しを作るというのには非常に適した仕事といえます。週2日勤務で月10万稼げる仕事ですから。

しかし、基本的に看護師としてスキルを磨きたいという気持ちがほとんどなく、出来るだけ楽な職場に再就職したいという方もいます。

そういった方は、ブランクを埋めることを考えずに、ブランクがあっても問題ない職場、つまり看護業務がほとんどない職場を選択する傾向にあります。

その中心となるのがデイサービスですね。デイサービスは利用者様の健康管理業務がメインであるため、看護業務はほとんどありません。

また、残業も少ないですし、週2〜3日のパート求人も多いです。つまり、上記の内容にピッタリ一致していますよね。

まとめ

看護師の再就職で子育てについての様々なケースを説明してきましたが、いかがでしたか?

3通りのパターンについて説明しましたが、結局のところは子育てについてどう考えるか、そして看護師として今後どうしていきたいか、という部分が重要になってきます。

どれが良いというわけでもないですし、ブランクがある場合であれば、そのブランクを埋めるのも良し、ブランクの影響がない職場に再就職するのも自由です。

ただ、あなた自身が今後の看護師としてのキャリアをどう歩んでいくか、子育てとの両立をどのように考えていくのか、という点はしっかりと考えておくことが大切です。

もし、今後の子育てと仕事の両立や看護師としてのキャリアに悩んでいるのであれば、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに相談すると良いでしょう。

転職コンサルタントは、あなたと同じように子育てと仕事の両立に悩む看護師を多く見てきていますので、その中でどういった結論を出していったかも見てきています。

それがあなたにとって貴重なアドバイスになる可能性が高いです。有効活用してみてくださいね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる