看護師の転職は中高年でも気にすることはない?

img-07

看護師の転職は中高年でも多く行われています。

ということは、中高年でも気にすることなく転職することができると言えるのかもしれません。

しかし、全く制限がないというわけではありませんので、注意点を挙げておきたいと思います。

看護師の転職で中高年に求められるもの

img-09

看護師の転職で中高年に求められるものにはどういったことがあるのでしょうか?

例えば、20代の看護師であれば、体力とやる気と元気が一番です。

つまり、夜勤や残業もしっかりとこなせて、意欲的に仕事に取り組む姿勢があることが一番職場から喜ばれます。

ただ、看護師の仕事の場合、実は上記の体力とやる気と元気、これは20代だけに求められているものではなく、30代、40代、50代でも求められているものです。

どうしても看護師の仕事というのは、体力が必要ですし人と接する仕事ですので、元気よく活き活きと仕事をしている姿が望ましいのです。

しかし、体力とやる気と元気は、年々どうしても衰えてきます。20代よりも30代、30代よりも40代になることで、段々と体力的にきつくなったり、仕事に対して昔ほど情熱を持てなくなってしまった、という看護師も多いです。

あなたも中高年であるのであれば、昔を少し思い出して見てください。そして今の自分と照らし合わせてみるとどうでしょう?当てはまる部分はあると思います。

これは体力や元気というのは肉体的な衰え、やる気というのは精神的な衰えが影響しています。歳をとっていくことで、仕方ない現象と言えるでしょう。

となってくると、その中で中高年が転職するのであればどうすれば良いのでしょうか?

上記の内容は、当然ながら採用側も把握しています。よって、中高年に対して求めるものは別にもあるのです。

それはやはり経験によるところが大きいですね。

例えば、即戦力として活躍してもらえる、職場に安心感を与えることができる、など中高年だからできることもありますよね。

そういったものを提供できる中高年の看護師を求めている職場は、結構多く存在しています。

それを見つけることが出来れば、中高年の転職であっても歓迎されることでしょう。

看護師の転職で中高年が難しいケース

img-38

看護師の転職で中高年が難しいケースもあります。それはどういったケースなのでしょうか?

年齢制限が厳しい職場

よく年齢制限が厳しい職場は、年齢の問題として捉えられることが多いですが、正確には未経験であることが問題になるケースが多いです。

例えば美容業界や透析クリニックなどは年齢制限が厳しい業界です。大体35歳〜40歳までとなっていることが多いです。

特に美容業界であると、見た目の問題もあって年齢制限が厳しいのではないか、と思われがちですが、実際は美容業界の看護業務は自由診療に対応する部分も多く、一般の病院などでは経験したことがない業務が多くなることが年齢制限に繋がっているケースが多いです。

例えば、脱毛レーザー機器を用いた施術などを看護師が行っているケースもありますが、こういったものは一般の病院での看護業務にはありません。

つまり、どれだけ看護師として経験を積んできていたとしても、美容業界に入る時には行ったことがない業務が多々あるのです。

それを一から覚えていく、慣れていくとなった時に、年齢が若くないと難しい、慣れるまでに時間がかかる、という傾向があるのです。

この場合に私は大丈夫、と思われる方がいるかもしれません。年齢が全てじゃないよ、と思われる方もいると思います。確かにそうなのですが、採用側は今までの傾向でみていきます。

つまり、過去に採用した実績から、中高年を採用した時に早期退職者が多い、となってしまっていると、そのデータ、傾向をもとに採用活動に制限を設けることになっているのです。

職場の年齢構成上の問題

中高年が転職する場合に、この問題は結構重要になってきます。

簡単に言うと、職場の年齢構成で中高年が少ない、もしくは教育担当者が20代ばかりといった環境になっていると、中高年を採用しにくくなります。

看護師は看護師としての採用をしてもらっていれば、どこで勤務していても看護師です。よって、転職した際に一からという気持ちになりにくい面があります。

つまり、転職先で新人として若い教育担当者から教えてもらう時に、素直に聞けない中高年の看護師も多いのです。

もちろん、全ての中高年の看護師がそうではないですが、そういった傾向があるということで、中高年の看護師を敬遠しているところもありますので、注意が必要です。

看護師の転職は中高年になるほど慎重に

img-36

看護師の転職は中高年になるほど慎重に行っていくことが大切です。

中高年になってからの早期での転職は、以降の転職活動において大きなマイナス点になる可能性が高いためです。

仮に30代までは綺麗な経歴であったとしても、40代以降で転職を繰り返していると、40代以降の職歴の印象だけが残ってしまい、採用されにくくなります。

職場に合わせることができないのではないか、という評価になってしまうのです。

そしてもう1つ大切なのは、中高年の看護師の転職の場合は、給与面などの条件が下がってしまう可能性が高くなることです。

もちろん、役職であったりヘッドハンティングであれば話は別ですが、一般的には40代の半ば以降は経験加算がつかなくなっていたり、もしくは過去の経験による経験加算を全てつけてもらえなかったりします。

そうなると前職の方が給料が良かった、ということが多くなってしまうのです。

給与面以外に転職のメリットがあるのであれば問題ないですが、給料のアップを望む転職である場合は、より一層の注意が必要です。

まとめ

看護師の転職で中高年はどういった点に注意した方が良いのかなどを説明してきましたが、いかがでしたか?

看護師の場合、中高年であったとしても採用している職場自体は多くあります。

しかし、中高年になると採用されやすい職場が限られてしまう傾向がありますし、条件面でもより良いものを勝ち取ることが困難になることも増えてきます。

よって、中高年の看護師を求めている職場、もしくは自分自身の経験をしっかりと活かせる職場を選択することが大切です。

求められて入職する、ということがより良い条件で転職するために重要なポイントになることを覚えておきましょう。

しかし、言うのは簡単ですが実際にはなかなか中高年を求めている職場を探すのは難しいものです。というのも、求人広告などでは年齢について詳しく述べていないものが多いためです。

例えば、40代の看護師を求めている、といった記述がはっきりと入っている求人票なんてほとんどありませんよね。

つまり、面接に行って話をしている中で、中高年の看護師を求めているのかどうかを把握することになるのです。

それはそれで仕方ない部分はありますが、出来るだけ中高年を求めている職場だと分かった上で面接に臨みたいですよね。

そういった情報は看護師転職支援サイトの転職コンサルタントが持っています。

転職コンサルタントは求人を確認する際に、どういった経験の看護師が望ましいか、年齢的にはどの年齢層がベストか、などを確認します。

もちろん、求人票の中ではなかなか出せない情報にもなっていますが、直接転職コンサルタントと話をする際には、どういった年齢層を求めているか、なども教えてもらえます。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントを有効活用して、無駄な面接を少なくし、好条件を勝ち取っていきましょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる