看護師の人間関係を忍耐強く改善する方法と簡単に確実に改善する方法

img-19

看護師の人間関係は、とても難しいですよね。看護師をしてきて、「今まで人間関係で悩んだことがない!」という人はいないと思います。

看護師をしていれば、必ずと言って良いほど直面する人間関係の悩みやストレス。解決するための対処法7つと人間関係が良い職場の探し方を説明します。

これを読めば、人間関係のストレスから解放されて、もっと気楽に看護師の仕事をしていくことができるようになりますよ!

看護師の人間関係の対処法には今の職場でできることと環境を変えることの2つがある

img-12

看護師が人間関係の悩みを対処する方法には、今の職場でできることと環境を変えることの2種類があります。

  1. 今の職場でできる対処法のメリットとデメリット
  2. 環境を変える対処方法のメリットとデメリット

今の職場でできる対処法のメリットとデメリット

今の職場で人間関係に対処する方法は、「環境を変える」という手間がありません

ただ、劇的に人間関係を改善することはできず、改善までには時間がかかることがデメリットです。

環境を変える対処方法のメリットとデメリット

異動や転職をして、環境を変えて今の人間関係を改善する方法もあります。

環境を変えて人間関係を解決する場合、やり方さえ間違えなければ、一気に人間関係の悩みを解決できます

ただ、手続きなどがちょっと面倒になることもあるんです。

しかし、転職の場合は、看護師転職支援サイトを使えば、簡単に転職ができるので、デメリットは限りなく小さくなります

看護師が人間関係に悩んだ時の対処法=今の職場でできること

img-01

看護師が人間関係に悩んだら、まずは今の職場で働きながらできることをやってみましょう。今の職場でできる対処法は、次の5つがあります。

  1. 自分の言動を見直す
  2. 仕事を頑張る
  3. 相手を理解しようとする
  4. 仕事上のことと割り切る
  5. 信頼できる人に相談する

この5つのことをやってみると、少しずつ人間関係が改善していくことがあります。

仕事の人間関係が辛い場合、我慢するだけでは何も解決しません。

「うちの人間関係は最悪だから、我慢するしかない」と諦めずに、人間関係を改善するために、できることから始めてみましょう。

これらの対処法は、劇的に人間関係を改善することはできません。あくまで少しずつ改善していく方法です。

だから、忍耐強く頑張るようにしましょう。

忍耐強く頑張ることと、諦めて我慢することは違います!忍耐はポジティブに頑張っている状態ですが、我慢は何もせずにネガティブに諦めている状態です。

似ているようでも忍耐と我慢は違いますので、そこは混同しないようにしてください。

自分の言動を見直す

まずは、自分の言動を見直してみましょう。上司や先輩から、いつも自分だけ厳しく注意されているという人は、もしかしたらあなたの言動に問題があるのかもしれません。

  • 看護師らしい身だしなみをしていますか?
  • 自分の仕事だけが終われば良いと思っていませんか?
  • 仕事中に私語が多くありませんか?
  • 遅刻が多かったりしませんか?
  • 指示されたことはメモを取るなど仕事へのやる気を見せていますか?
  • 挨拶をきちんとしていますか?
  • いつも不貞腐れたような表情・態度をしていませんか?

この上記の項目に1つでも思い当たるものがあるなら、あなたの人間関係の悩みの原因は、あなた自身の言動なのかもしれません。

「仕事をしていれば、身だしなみとか挨拶とかは関係なくない?」と思うかもしれませんが、仕事ができるできないよりも、身だしなみや挨拶、仕事中の態度、姿勢の方が、上司や先輩看護師にとっては気になる部分なんです。

人間関係で悩んでいる人は、まずは仕事中の自分自身の言動を振り返って、問題はないか、改善できるところはないかを考えてみましょう。

仕事を頑張る

人間関係に悩んでいる看護師さんは、今まで以上に仕事を頑張りましょう。仕事ができる看護師は、周囲から一目置かれますので、職場の人間関係のいざこざに巻き込まれにくくなります。

仕事ができる看護師は、職場のみんなから頼りにされます。また、仕事ができないと、先輩看護師から指導という名目のいじめを受ける対象になりやすいですが、仕事ができれば、先輩看護師はあなたの仕事に口出しできなくなります。

そして、仕事を頑張っている人には、いつも厳しい先輩看護師や師長もその頑張りを認めて、優しくなったりするものです。

だから、人間関係を改善するためには、仕事ができる看護師になるように努力しましょう。

相手を理解しようとする

看護師が人間関係に悩んでいる時には、相手の立場に立って、相手を理解しようとすることも大切です。

年齢や生活スタイル、バックグラウンドが違うと、価値観が異なります。価値観が異なれば、意見が違います。意見の食い違いから、人間関係が悪くなることがあるんです。

否定されたり、認められなければ、相手はあなたに対してマイナスの感情を持つようになります。

そういったことを避けるためには、相手を理解して、相手の価値観・相手の意見を認めるようにしましょう。そうすれば、少しずつ人間関係が改善されていくはずです。

仕事上のことと割り切る

人間関係に悩んでいる看護師さんは、「仕事の人間関係は気にしない!」と割り切ることも大切です。

一方的にいじめや嫌がらせを受けている場合は、割り切れるものではありません。そういった場合は、割り切る必要はありません。これ以外の対処法を実践しましょう。

しかし、それ以外の場合、たとえば職場の派閥争いに巻き込まれそうになったら、「そういうものにはかかわらないので」と一定の距離を置くようにしてみましょう。

また、患者さんから理不尽なことを言われても、「仕事だから仕方がない」と割り切って考えるようにしてください。そうすれば、精神的に楽になります。

あくまで仕事上の付き合いなのですから、あまり深入りせずに、職場の人とは表面上の付き合いだけをしていれば、そんなに辛い思いをせずに済むと思います。

信頼できる人に相談する

職場の人間関係で悩んでいるなら、信頼できる人に相談するのも良いと思います。師長や先輩看護師の中で、信頼できそうな人がいれば、あなたが今抱えている悩みを話してみましょう。

いじめなどがあれば、すぐに対処してくれると思いますし、それ以外でも良いアドバイスをくれるはずです。

ただ、職場の人に相談する場合は、本当に信頼できて、相談するのに適しているかどうかをきちんと見極めなければいけません。

師長にいじめを相談したら、「あなたにも原因があるんじゃないの?」とか「いじめなんて気のせいよ」と言われてしまうことがあるかもしれません。

また、先輩看護師に相談したら、実はその先輩はあなたをいじめている人と仲が良くて、さらにいじめがひどくなる可能性があるのです。

もし、職場に看護師のメンタルケアの相談窓口があるなら、そのようなところに相談するのも良いと思います。

職場に相談できる人がいなければ、家族や仕事以外の友人でもOKです。家族や友人に相談しても、根本的な解決にはなりませんが、ただ愚痴を聞いてもらうだけでも、あなたのストレスを減らすことができます。

看護師が人間関係に悩んだ時の対処法=環境を変える

img-11

看護師が人間関係が辛くて限界だという場合は、環境を変えるのも有効な対処法です。実際のところ、人間関係は一度トラブルが起こると、それを解決するのは非常に難しいです。

ご紹介した5つの対処法は、人間関係の改善に役立ちますが、根本的にはなかなか解決できるものではありません。

また、5つの対処法を実践しても、ゆっくり少しずつ人間関係を改善することはできても、すぐに劇的な改善を期待することも厳しいでしょう。

そういう時は、職場を変えてしまうのも良いと思います。職場を変えれば、職場の人間関係も変わりますので、今のストレスが一気になくなって、スッキリできると思います。

  1. 異動希望を出すことを師長に相談する
  2. 転職をする

異動希望を出すことを師長に相談する

人間関係が原因で環境を変えたい看護師さんは、師長に異動希望を出したいことを相談してください。転職するよりは、部署異動をしたほうが面倒な手続きがなく簡単だと思います。

いきなり異動希望を出してしまっても良いのですが、異動希望を出したからと言って、すぐに異動できるかどうかわかりません。

「異動できるから、もうちょっと待っててね」と言われて、ズルズル今の職場で働かなくてはいけないこともあるのです。

だから、今異動希望を出したら、いつ頃異動できるのかを確認しておきましょう。それで、早めに異動できそうだったら、異動希望を出しましょう。

異動理由についてですが、これは師長の性格によって正直に言ったほうが良いパターンと言わないほうが良いパターンの2つに分かれます。

常に親身になって考えてくれる師長だったら、人間関係が原因で異動したいことを伝えれば、積極的に異動させてもらえると思います。

逆にいまいち信頼できない師長の場合は、人間関係が原因であることを正直に伝えると、「甘えている」、「あなたの気のせい!」、「ただのわがまま」と思われて、異動させてくれない可能性があります。

そういう場合は、無難に「ほかの診療科を見てみたい。できるだけ早く異動したいです。」と伝えたほうが良いでしょう。

あなたの師長がどちらのタイプか、しっかり見極めることが大切です。

転職をする

人間関係に悩んでいる看護師さんは、転職するのも良いでしょう。転職すれば、今の人間関係のストレスから完全に解放されます。

異動希望を出しても、思ったように異動できなかったり、クリニックや小規模な職場で働いているため、異動できない場合もありますよね。

そういった人は、スパッと転職して、仕事に関する人間関係をゼロから作り直してしまうのも良いと思います。

人間関係で悩んでいても、何も良いことはありません。人間関係のストレスを我慢していても、何もメリットはないのです。

それなら、いっそのこと思い切って人間関係が良い職場に転職して、ゼロから人間関係を築いていきましょう。

そうすれば、今までのストレスが嘘だったかのように、ストレスなく楽しく働くことができるはずです。

人間関係が良い職場なんてないと思っていませんか?確かに、看護師の職場は人間関係が悪いところが少なくありません。むしろ多いと言っても良いでしょう。

しかし、人間関係が良い職場がないというわけではないのです。人間関係が良くて、穏やかな雰囲気の職場は必ずあります。

そういった職場を探して転職すれば、万事解決です。

看護師が人間関係が良い職場に転職するための3つの秘訣

img-09

看護師が人間関係に悩んだら、今の職場でできるものと環境を変えるものの2種類の対処法があります。

今の職場でできる対処法は時間がかかりますので、今すぐどうにかしたいと思っているなら、環境を変える対処法の中でも転職することをおすすめします。

しかし、むやみに転職しても、転職先の人間関係が悪かったら、何の解決にはなりませんよね。

せっかく転職するのですから、絶対に人間関係が良い職場に転職しなければいけません。

看護師が人間関係が良い職場に転職するためには、次の3つのことを知っておく必要があります。

  1. 人間関係が良い職場の条件を知っておく
  2. 各職場の人間関係の傾向をチェックする
  3. 看護師転職支援サイトを利用する

この3つのことを知っておくと、確実に人間関係が良い職場に転職することができるはずです。

人間関係が良い職場の条件を知っておく

まずは、人間関係が良い職場の条件を知っておきましょう。

  1. 男性看護師が多い
  2. 離職率が低い
  3. 比較的ゆとりがある
  4. 自分と同じような年代・ライフステージの人が多い

これらの4つの条件の中で満たしている項目が多い職場は、人間関係が良い可能性が高いです。

男性看護師が多い

男性看護師が多い職場は、人間関係が良いことが多いですね。女性が多いと、どうしても人間関係が悪くなります。

しかし、そこに男性が加わると、男性が緩衝材のようになって、人間関係がドロドロしにくくなり、あっさりしたものになります。

最近は男性看護師が増えていますが、男性看護師の割合が比較的高い職場はあっさり割り切った人間関係になることが多いのでおすすめです。

離職率が低い

人間関係が良い職場は、基本的に離職率が低いです。だから、人間関係が良い職場に転職したい人は、離職率を調べて転職先を探しましょう。

私の転職コンサルタントとしての経験上、どんなに給料が高くても人間関係が悪ければ、看護師の定着率は低く、看護師さんはみんなすぐに辞めていきます。

でも、人間関係が良い職場は、待遇面はほかの職場とさほど変わらないのに、離職率が低く、みんな長く勤めていることが多いのです。

だから、人間関係が良いかどうかを判断するには、離職率が1つの指標となると思います。

比較的ゆとりがある

人間関係が良い職場の条件の3つ目は、比較的ゆとりがあることです。人間関係が良い職場は、勤務中もゆとりを持って働けて、年間休日が多めだったり、有給消化率が高かったりします。

人間は忙しいとピリピリしていて、余裕がなくなり、それが人間関係に悪影響を及ぼすことが多いです。

それに対して、ゆとりを持って働ける職場は、そこで働く看護師も精神的にゆとりがあるため、人に優しくできるので、人間関係が良いことが多いのです。

自分と同じような年代・ライフステージの人が多い

人間関係が良い職場、最後の条件は自分と同じような年代・ライフステージの人が多いことです。

例えば、20代の若手看護師が、20代が少なくておばさま看護師が多い職場に転職してしまうと、立場が一番下になり、雑用係のようになってしまいます。

おばさま看護師には人間関係が良く楽な職場でも、20代の若手看護師にとってはこき使われるだけで人間関係が良い職場とは言えません。

また、独身看護師が多い職場にママ看護師が転職した場合、子育てと仕事の両立に理解が得られず、肩身が狭い思いをしなければいけないことが多いです。

でも、同じようなママ看護師が多い職場なら、「お互い様」という考えて協力し合えるので、働きやすく人間関係が良いと感じるでしょう。

そのため、人間関係が良いと感じたいなら、自分と同じような年代・ライフステージの看護師が多く働いている職場を選びましょう。

各職場の人間関係の傾向をチェックする

次に、各職場の人間関係の傾向をチェックしておきましょう。職場によって、人間関係の傾向は異なります。

各職場の人間関係の傾向を掴んでおけば、あなたに合う人間関係の職場を見つけやすくなります。

  1. 大学病院や総合病院
  2. 小~中規模の病院
  3. クリニック
  4. 介護施設・デイサービス
  5. 保育園
  6. 訪問看護ステーション

大学病院や総合病院

大学病院や総合病院は職員数が非常に多く、1つの病棟・部署に配属している人数も多いので、人間関係はあっさりしていることが多いです。

ただ、職員数が多いということは、それだけいろいろな看護師がいて、ムカつく人や意地悪な人に出会う可能性も高いというデメリットはあります。

小~中規模の病院

小~中規模の病院は、アットホームな雰囲気のところで、和気あいあいと働けるところも多いです。

ただ、お局看護師がいる職場も少なくないので、嫌なお局看護師がいると、一気に人間関係が悪くなります。

大学病院や総合病院に比べて、人間関係が良いところと悪いところの差が大きくハッキリしていることが特徴だと思います。

クリニック

クリニックは毎日少人数の同じメンバーで働くので、必然的に人間関係が濃厚になりやすいです。

また、院長のキャラクターに看護師やスタッフの人間関係が左右されるケースが多いのも、クリニックの人間関係の特徴です。

ハッキリ言えば、院長のお気に入りになれば人間関係で苦労せずに働けますが、院長と気が合わなければ、人間関係も仕事もすべてが辛いことになるでしょう。

介護施設・デイサービス

介護施設やデイサービスでは、介護士との人間関係に悩むことが多いです。「看護師」というだけで無条件に嫌ってくる介護士も少なくありません。

VS介護士という共通の敵がいるためか、ゆとりを持って働けるためか、看護師同士の人間関係はそこまで悪くないところが多いと思います。

保育園

保育園は看護師が1人しかいないため、保育士さんとの人間関係が重要になります。

保育士や園長が、保育園で働く看護師に対して理解があれば良いのですが、そうでない場合は職場で孤立してしまうこともあります。

人間関係が良く、看護師が孤立せずに働くためには、長年看護師が働いていた保育園を選ぶと良いでしょう。

訪問看護ステーション

最後に訪問看護ステーションの人間関係についてですが、訪問看護ステーションは基本的には1人で患者さんの家を回りますので、病院やクリニックに比べると、看護師同士のつながりは弱いです。

顔を合わせるのは、ステーションの事務所内だけなので、比較的あっさり淡白な人間関係のところが多いですね。

看護師転職支援サイトを利用する

人間関係が良い職場に転職するためには、看護師転職支援サイトを使うのが、実は一番確実な方法です。

なぜなら、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは、各職場の人間関係に非常に詳しいからです。

私は今まで転職のお手伝いをしてきた看護師さんから、勤務していた職場の人間関係について詳しく聞くようにしています。

さらに転職後も転職のフォローをしたり、転職についての意見・感想を聞くために連絡をするのですが、その時にも転職先の人間関係を確認しています。

また、求人を出している職場には自分で訪問して、看護師さんが働いている様子を観察したり、実際に働いている看護師さんにインタビューさせてもらったりします。

これは私だけでなく、転職コンサルタントみんなが行っていることです。

人間関係を気にして転職する看護師さんは多いので、看護師の転職のお手伝いをするには人間関係に関する生の情報を知っておかないといけないからです。

だから、人間関係が良い職場に転職したい人は、看護師転職支援サイトを使って、転職コンサルタントに相談するの一番確実なのです。

看護師さんが、自分でその職場の人間関係が良いかどうか調べるのは困難ですから、私たち転職コンサルタントを頼ってください。きっとお役に立てると思います。

看護師は改善すべき人間関係の悩みがたくさんある!

img-20

看護師は人間関係に悩みながら、働いていると思います。看護師を悩ませる人間関係には、看護師同士はもちろんですが、それ以外にもあるのです。

  1. 看護師同士の人間関係
  2. 医師との人間関係
  3. 介護士との人間関係
  4. 患者との人間関係

看護師はこの4つの人間関係が取り巻く環境で働いています。これらすべてがうまくいくのは、なかなか難しいですよね。だから、看護師は人間関係で苦労することが多いのです。

人間関係で苦労している看護師はストレスフルになり、患者さんに迷惑をかけるなどの悪影響が出てきます。

だから、人間関係の悩みは改善しなければいけないのです。

看護師同士の人間関係

看護師は、看護師同士の人間関係に悩むことが一番多いと思います。

  1. 女性が多い
  2. 責任の重い仕事
  3. チームで働く
  4. 1人1人の価値観が違う

女性が多い

看護師は女性が多い職業です。女性同士は派閥ができたり、マウンティングをしたりといろいろ人間関係が面倒になりやすいんです。

責任の重い仕事

看護師の仕事は、1つのミスが患者さんの命を奪いかねない責任の重い仕事です。そのため、上司・先輩の指導は厳しくなり、時にはそれが指導の範疇を超えて、パワハラやいじめのようになることがあります。

チームで働く

看護師はチームでお互いに協力し合いながら働きます。そのため、誰かがミスしたり、仕事中にさぼったりすると、そのフォローのために一緒に働いている人の仕事が増えます。

仕事が増えて嬉しい人はいません。「〇〇さんのせいで仕事が増えた」というマイナスの感情が出てきます。

また、いつも一緒に協力して働いていると、お互いの悪い部分が気になりだしたりするものです。

1人1人の価値観が違う

看護師は20代から60代まで幅広い年代の人が働いていますし、独身・既婚・子持ちなどいろいろなライフスタイルの人がいます。

また、看護観も1人1人違いますので、価値観が合わずに、意見がぶつかり合うことが多いのです。

医師との人間関係

看護師は医師との人間関係に悩むこともあります。医師とは違う職種なのに、「看護師は医師の助手だ」という扱いをされたり、突然怒鳴られるなどのパワハラに遭うこともあります。

また、男性医師からのセクハラに悩まされることもありますね。

介護士との人間関係

療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟、介護施設など介護士と一緒に働く職場では、看護師は介護士との人間関係にストレスを感じることがあります。

介護士が看護師に「看護師は楽な仕事なのに給料が高いなんてずるい」と嫉妬して人間関係が悪くなるケースもありますが、看護師が介護士を下に見て、見下すような態度を取ることが原因で人間関係が悪くなることもあります。

患者との人間関係

看護師は患者さんやその家族との人間関係に悩むことも多いですね。

最近は、モンスターペイシェントが増えていて、理不尽なことでクレームを言ってくる人もいます。

看護師は仕事柄、どんな患者・家族にも丁寧に対応し、看護しなければいけないので、ストレスが溜まります。

看護師が人間関係で苦労しないためには自分の努力も大切

img-03

看護師が人間関係に悩んでいるなら、環境を変えるために異動するか、人間関係が良い職場に転職すれば万事解決です!

ただ、人間関係の悩みというものは、看護師を続けている限り、一生ついて回ります。

なぜなら、先ほど説明したように看護師同士の人間関係は悪くなりやすいですし、それ以外にも医師や介護士、患者との人間関係の悩みも100%避けることはできないからです。

だから、これから人間関係で悩むことを少しでも少なくするためには、あなた自身も人間関係を良くするように努力しましょう。

人間関係が良い職場に転職しても、あなた自身が人間関係を良くしようという努力をしなければ、いつの間にかあなた自身がトラブルメーカーになり、その職場の人間関係を悪くしてしまう可能性もあるのです。

良い人間関係を築いていくためには、職場でできる5つの対処法を実践していけば大丈夫です。5つの対処法とはこちらの5つでしたよね。

  • 自分の言動を見直す
  • 仕事を頑張る
  • 相手を理解しようとする
  • 仕事上のことと割り切る
  • 信頼できる人に相談する

異動しても転職しても、この5つのことを意識して働くようにしましょう。そうすれば、これから人間関係で悩むことは少なくなると思います。

まとめ

img-04

看護師が人間関係に悩んだ時の対処法全7つと人間関係が良い職場に転職するための3つの秘訣をまとめました。

人間関係で悩んでいても、何のメリットもありません。人間関係のストレスを解決するためには、異動したり、転職して環境を変えることをおすすめします。

人間関係が良い職場に転職するためには、看護師転職支援サイトで転職コンサルタントを頼るようにしましょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる