新人看護師が美容外科で働くメリット・デメリット、心構え

img-17

新人看護師で美容外科で働きたいという人はいませんか?

新人看護師が美容外科で働くメリットやデメリット、さらに心構えを説明しています。

新人看護師が美容外科で働く4つのメリット

img-13

新人看護師が美容外科で働くメリットは4つあります。新人看護師が美容外科で働くとどのようなメリットがあるのかを確認していきましょう。

  1. 高収入を得ることができる
  2. 夜勤なしで働ける
  3. 重症患者がいないので精神的に楽
  4. キレイになれる

高収入を得ることができる

新人看護師が美容外科クリニックで働くと、高収入を得ることができます。

一般的に、新人看護師が急性期病棟で働くと、給料は25~30万円が相場になりますが、美容外科クリニックでは給料は30万円以上、高いところだと40万円以上も稼ぐことができるのです。

また、経営状況や営業成績によってはボーナスがたっぷり出ることもあります。

新人看護師はまだ貯金がなく、少しでも貯金をしたい、稼ぎたいという人も多いと思うので、そういった人にとって美容外科クリニックで働くことは大きなメリットになるでしょう。

夜勤なしで働ける

新人看護師が美容外科で働くと、夜勤なしで働くことができます。慣れない看護師生活で新人看護師は心身ともに疲れています。それに加えて、夜勤というストレスが加わると、一気に体調を崩しかねません。

でも、美容外科クリニックは夜勤がなく日勤のみの勤務になるので、新人看護師でも体調管理をしやすいのです。

重症患者がいないので精神的に楽

病棟で働くと、患者の命の重さに潰れそうになる新人看護師は少なくありません。重症患者の受け持ちをするのが怖くなり、精神的なプレッシャーに押しつぶされそうになるのです。

美容外科クリニックは、外見に関する深刻な悩みを抱えてはいるものの、身体的には元気で、命のリスクはない患者ばかりですので、命を預かるという精神的なプレッシャーはなく、気楽に働くことができます。

キレイになれる

美容に興味がある新人看護師は多いですよね。若い女性はみんな美容に興味があって、少しでもキレイになりたい、かわいくなりたいと思っているのは当然のことです。

美容外科で働くと、施術を社員割引きを使って安く受けることができますし、先輩看護師から最新の美容情報や美容のコツを教えてもらうことができるのです。

しかも、美容外科クリニックで働く看護師はみんな美意識が高いので、それに影響されて、あなたもキレイになることができるのです。働きながらキレイになれるのは、女子としては嬉しいですよね。

新人看護師が美容外科で働く4つのデメリットと軽減方法

img-07

新人看護師が美容外科で働くと、メリットだけでなくデメリットもあります。デメリットもきちんと把握しておかないといけません。デメリットを軽減する方法も一緒に説明しています。

  1. 基礎技術が身につかない
  2. 教育制度が整っていないところが多い
  3. 営業がプレッシャーになる
  4. 接遇が大変

基礎技術が身につかない

美容外科では使う看護技術が限られています。採血や点滴、処置などの技術は身につけられますが、それ以外の病棟で使うような看護技術は身につけられません。

全身管理や吸引、導尿などを経験することはできませんし、清潔ケアや移動介助などの日常生活援助の技術を身につけることができません。そのため、新人看護師は美容外科では基礎看護技術を身につけられないのです。

処置&オペ介助の技術を磨けば何とかなる

美容外科クリニックでは新人看護師は基礎的な看護技術を身につけることができません。でも、オペ後の処置やオペ介助の技術はしっかり身につけられます。

それを磨いていけば、将来その技術があなたの武器になります。1つのしっかりとした武器を持っていれば、何とかなります。美容外科で身につけられないものは、必要になった時に学んで身につければよいのです。

教育制度が整っていないところが多い

美容外科クリニックは、急性期病院のように新人看護師向けの教育制度が整っていないとところが多いいです。

そのため、きちんと一から指導してもらえないことがあり、見よう見まねで仕事を覚えていかなければいけないこともあります。

新卒採用をしている美容外科を選べば大丈夫

美容外科クリニックは教育制度が整っていないところも多いですが、新卒看護師を採用しているような大手の美容外科クリニックを選べば大丈夫です。

新卒看護師を積極的に採用しているところは、新人看護師向けの教育制度が充実しているので、美容外科の看護師として必要なスキルを1つ1つ学んでいくことができると思います。

営業がプレッシャーになる

美容外科の看護師は、営業をしなければいけません。明らかなノルマがなくても、患者さんのカウンセリングをする時には施術を提案して勧めます。

また、美容点滴をする時や脱毛の施術をする時にも、「こういう点滴もありますよ」とか「ここも脱毛してみてはいかがですか?」のように営業することもあります。

慣れない仕事をしながら、このような営業をしなければいけないことは、新人看護師にとっては大きなプレッシャーになることがあります。

ノルマやプレッシャーが少なく、きちんと指導してもらえるところを選ぼう

美容外科での看護師の営業へのプレッシャーは、クリニックによって大きく違います。

ノルマがあったり、営業成績に関して上司から無言のプレッシャーがあるところもありますが、基本的に営業はしてもらいたいけれど、そこまでプレッシャーをかけないところもあります。

プレッシャーが少ないところで、さらに営業の仕方を丁寧に指導してくれるところなら、営業での精神的な負担は減るはずです。

接遇が大変

美容外科では患者はお客様ですので、接客業のように丁寧に接しなければならず、一般的な看護師の接遇よりも高いレベルの接遇を求められます。

新人看護師は看護師の仕事を覚えるだけでも大変なのに、さらに接遇に関しても気を使わなければなりません。

また、美容外科は一般の医療よりもサービス業の意味あいが強いですので、患者さんからのクレームも多く、クレーム対応をしなければいけないこともあります。

重症患者がいないので精神的に楽に働けますが、「サービス業」という精神的な疲労はあるのです。

教育制度が整っているところを選ぶ&自分の武器になるものと割り切る

新人看護師は教育制度が整っている美容外科を選べば、接遇をきちんと指導してもらえます。患者さんと接する時の注意点などをきちんと教えてもらえば、接遇に関して悩むことが少なくなります。

また、高いレベルの接遇スキルは身につけておいて損はありません。これからは、一般的な医療現場でも、どんどんモンスターペイシェントが増えていくと思います。

高いレベルの接遇スキルを持っていれば、モンスターペイシェントにも文句を言わせる隙を与えないので、モンスターペイシェントを回避できることもあるのです。

さらには、将来的に全室個室のようないわゆる「お金持ちの患者が多い病院」で働くことになった時や総合病院や大学病院のVIP専用の特別フロアに配属になった場合でも、高い接遇スキルを持っていれば、自信を持って対応できます。

そう思えば、新人看護師の時からしっかり接遇スキルを身につけておくのは、損ではありませんよね。

新人看護師が美容外科で働く時の3つの心構え

img-11

新人看護師が美容外科で働くなら、今から説明する3つの心構えを持っておく必要があります。

  1. 採用のハードルは高い
  2. 次の転職は努力が必要
  3. 美容外科の世界は意外と大変

採用のハードルは高い

美容外科クリニックは、一般の医療施設よりも採用のハードルが高いことは覚悟しておきましょう。特に、何のスキルも持っていない新人看護師は、採用されにくいのが現実です。

美容外科クリニックは、サービス業に近いです。そのため、高い看護スキルと接遇スキルを持っていないと、採用されるのは難しいです。

また、美を提供する場ですので、看護師ならだれでも良いというわけではないのです。

美意識が高く、そのクリニックの雰囲気に合った看護師でないといけません。美意識が低い看護師は採用されないのです。

一般的な医療施設なら、新人看護師でも採用してもらえることが多いですが、美容外科クリニックは不採用になることも多いです。

そのため、新人看護師が美容外科で働くためには、美意識を高く持ち、面接対策をしっかりしておくこと、また1度不採用になったからといって、諦めないことが大切です。

次の転職は努力が必要

新人看護師が美容外科で働くと、一部の看護技術しか身につけられません。ただ、それを武器にして転職をすれば、転職先に困ることはないでしょう。

しかし、転職後は経験したことがない看護技術を身につけなければいけないので、一から勉強しなければならず、努力が必要になります。

場合によっては、「え?看護師経験があるのに、これができないんですか?」のように年下の看護師から言われてしまうこともあるかもしれません。

美容外科の世界は意外と大変

新人看護師の中には、美容外科クリニックは、華やかで楽しく働けるというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実際は厳しく大変なことが多いです。

患者さんはお客様なので、採血に失敗した時に厳しく責められることがあるかもしれません。また、美意識が高い女だらけの世界なので、人間関係がドロドロしていることもあります。

新卒で病棟に入職したけれど、とても大変で辛かったから、楽しく働けそうな美容外科に転職しようと思って転職をすると、後で後悔することになりかねません。

美容外科は華やかに見えても、実際は大変なことも多いことは覚悟しておきましょう。

まとめ

img-39

新人看護師が美容外科で働くメリットとデメリット、心構えをまとめました。新人看護師が美容外科で働くなら、看護師転職支援サイトを使って求人を探すことをおすすめします。

看護師転職支援サイトなら、教育制度が整っていて、営業のプレッシャーが少ない美容外科の求人をピックアップしてくれます。

さらに、美容外科向けの面接のアドバイスもしてくれるので、新人看護師でも美容外科に採用されやすくなるのです。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:看護roo!

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社クイック

利用者満足度がとても高く、看護師のきもちを大事にしてくれると評判の転職サイトです。転職先と転職者の相性を考えた精度の高い求人紹介が受けられますので、あなた担当のコンサルタントに、希望をどんどんぶつけてみてください。(関東・東海・関西のみ)

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。看護roo!との併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる