大学病院の看護師は中途採用全般が難しい?

img-27

大学病院の看護師は中途採用全般が難しいと言えます。

これは大学病院側が中途採用を行う場合に関しても、大学病院の看護師が中途採用で他の職場に転職することも、ということです。

大学病院の看護師は中途採用で採用されにくい?

img-28

大学病院の看護師は中途採用で採用されにくいのでしょうか?

大学病院の看護師というのは、最先端の医療に携わっている看護師が多く、勉強熱心な方が多いです。

また、向上心を持ってスキルアップをしていきたいと考えている看護師も多いです。

となると、中途採用で採用されにくいということはほとんどないように思いますよね。

しかし、実際の部分としては2つの点で問題が発生することが多いのです。

その2つの点というのは、1つめは看護師としての実務経験が少ないことです。

大学病院の場合は、採血、点滴、注射なども研修医が行うことが少なくありません。

ということは、看護師として必須である項目の技術を磨く機会がないかもしれないのです。

となると、大学病院や公的な病院以外の一般病院となってくると、採血、点滴、注射の業務は多くなりますので、技術的に未熟な看護師ということになってしまいます。

つまり、大学病院の看護師を中途採用で採用しても、即戦力になりにくいということです。

そして、もう1つの内容も似ている部分がありますが、大学病院の看護師にはプライドがあります。

プライドが高いということは、素直に教えてもらうことが比較的苦手になっています。

こういったことから、大学病院の看護師が中途採用で転職しようとしても、よほどやりたいことがはっきりとしていないと厳しくなります。

やりたいことがはっきりしている中での中途採用であれば、我慢して仕事を教えてもらうことができます。

病院やクリニックに関しても、中途採用で大学病院の看護師を採用する際には、慎重に面接を行うことが多いですね。

慎重に行っていく中で、大学病院と一般の病院やクリニックの違いを理解しながら仕事ができるか、という部分を見ています。

決して難しい面接というわけではありませんが、大学病院との違いをきちんと把握して面接に臨むことが望ましいですね。

大学病院は看護師の中途採用を状況に応じて行っている?

img-19

大学病院は看護師の中途採用は状況に応じて行っています。

状況に応じてというのは、新卒採用のみで採用人数が問題なく、尚且つ退職者も少ない場合は求人は出さないということです。

大学病院の場合は、看護師の不足状況も大学病院によって大きく異なっており、中途採用を積極的に行っているところと、ほとんど行っていないところがあります。

つまり、大学病院に中途採用で応募したい、という時には、常にアンテナをはって求人が出てくるのを待たないといけません。

そして求人が出てきた場合でも、まず中途採用で心配するのは人間関係です。

大学病院は大元となる大学から採用されている看護師も多く、その場合は派閥みたいなものが存在することがあります。

簡単に言うと、外部からの看護師はなかなか受け入れられない、最悪いじめの対象になることもあります。

また、大学病院の中途採用試験には、面接だけでなく小論文などが存在していることもあります。

しっかりと勉強して臨まないと、大学病院は採用されない可能性も高いのです。

ただ、大学病院は診療報酬の兼ね合いで、一気に看護師の大量募集を行うこともあります。そういった時がチャンスかもしれませんね。

人間関係に関しても、必ずしも派閥があるというわけではありません。

それに、上記のような大量募集があると、外部の看護師も一気に増えるため、人間関係も皆一からスタートになって比較的楽かもしれません。

大学病院は看護師の中途採用よりも新卒に力を入れているの?

img-13

大学病院は看護師の中途採用よりも新卒採用に力を入れているのでしょうか?

答えとしてはイエスですね。出来る限り中途採用はしたくないのが本音です。

毎年新卒採用で多くの看護師を採用していますので、出来れば新卒採用のみに注力したいのです。

しかし、中途採用も行っていかないといけないという事情から中途採用を行っている大学病院も増えています。

上記でいろいろと述べてきましたが、総括すると大学病院の看護師が中途採用で転職することも、大学病院の中途採用の求人に看護師が応募することも、難しいのが実情と言えます。

しかし、中途採用されないわけではありません。

看護師転職支援サイトを活用し、タイムリーな情報をもらうようにすると、中途採用先を見つけやすくなります。

大学病院は魅力的な感じがするかもしれませんが、結局は役割の違いが大きいというだけです。

よって、そういった役割の中で仕事をしていきたいか、ということが重要になってきます。

その仕事が大学病院にはない、もしくは大学病院にしかない、という時に、大学病院からの転職、大学病院への転職を真剣に考えると良いでしょう。

急いで転職するのではなく、じっくりと状況を見ながら転職活用をすることが大切ですね。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる