看護師が介護施設・老人ホームに転職するメリットとデメリット

img-33

看護師が介護施設・老人ホームに転職すると病院とは違うメリットとデメリットがあります。メリットを把握することも大切ですが、デメリットも正確に把握し、自分に合っているかどうかを見極めることが重要です。

看護師は介護施設・老人ホームの特徴を極端に捉えすぎ

img-17

看護師は介護施設・老人ホームの特徴を端的に捉えすぎているケースが多いです。ここで言う端的というのは、例えば介護施設・老人ホームだから仕事が楽、などですね。もう少し特徴を掘り下げて考えていきましょう。

元気であれば年齢制限はほとんどない

病院での勤務の場合は、定年退職でその後の採用がないところもありますが、介護施設・老人ホームは定年退職後も仕事を続けることができるところが多いです。

もちろん、体が元気であることが条件ですが、長く勤めることができる環境として、重宝されています。

介護施設・老人ホームといっても種類が豊富にある

総称として介護施設・老人ホームと言いますが、正式な名称では介護老人保健施設、介護老人福祉施設、有料老人ホーム、グループホーム、などが存在しています。

更には、各々がもっと細かく分かれています。各々で看護師の役割が若干異なってくるケースもありますし、当然ながら対応する利用者様の状態も違いますので、慎重に特徴を把握することが大切です。

介護スタッフとの立場が対等以下になるところもある

介護施設・老人ホームでは、介護スタッフの方が立場が上、というケースが少なくありません。

本来資格云々ではなく、介護施設のスタッフとして、協力して入居者様に対するサービスを行っていくものですが、なかなかそうはいかないものです。

介護施設の場合は、施設長が介護スタッフ出身であることもあり、そういったところで介護スタッフの立場が強いことが多いですね。

看護師が介護施設・老人ホームに転職することにメリットはあるのか?

img-01

看護師が介護施設・老人ホームに転職することにメリットがあるのかどうか、悩んでいる看護師も多いでしょう。介護施設・老人ホームのメリットとしては、こういったことがあります。

じっくりと利用者様と接することができる

介護施設・老人ホームは医療施設ではないため、看護師の仕事としては物足りないかもしれません。しかし、看護師の多くが感じる、もっと患者様とじっくりと向き合いたいという感覚に近づけることはできます。

ブランクがあっても安心して働くことができるところが多い

介護施設・老人ホームはブランクがあっても、特に心配することなく仕事ができるケースが多いです。病院の場合は、たとえブランクがあっても大丈夫、と謳われていても、やはり不安を覚えてしまいます。

介護施設・老人ホームでの仕事は、仕事自体に看護業務が少ないため、心配に思うこと自体がないというメリットがあります。

男性が比較的多い職場

介護施設・老人ホームでは男性の介護スタッフが比較的多く、職場が女性だけではないことが多いです。男性がいることで、女性特有の人間関係の問題が少なく、働きやすい職場であることが多いです。

看護師が介護施設・老人ホームに転職することにデメリットはあるのか?

img-07

看護師が介護施設・老人ホームに転職することにどんなデメリットがあるのでしょうか?デメリットも把握しておいた方が、間違いのない転職に繋がります。

看護師としてのブランクになってしまう

将来的に病院に戻ろうと考えているのであれば、あまり長い期間介護施設・老人ホームで勤務すると、看護師としてのブランクとして捉えられてしまうことがあるため、再就職が難しくなることがあります。

近くに介護施設・老人ホームがあり、子供が大きくなるまでは、残業の少ない施設で、と考えるケースもあるでしょうが、将来的にどうしたいか、ということも考えておくことが必要ですね。

技術は求められないが判断力は求められる

急変などは少ないですが、あった時には看護師の適切な判断が必要になってきます。

よって、技術は高くなくてもいいのですが、今までの経験から、どういった対処が必要なのかを早急に指示を出したりします。

介護施設・老人ホームはそういったときのために看護師を採用しているようなものです。指示を受けて仕事をするというスタンスでは難しいですね。

給与が全体的に安い

看護師の給与体系として、残業代や夜勤がある場合は夜勤手当などもありますが、全体的に病院よりも給与水準が低くなります。

また、施設の経営状態が給与にダイレクトに反映されることも多く、業績が悪いと賞与カットになるケースも、病院と比較すると多いです。

介護施設・老人ホームはこんな看護師の方におすすめ

img-11

介護施設・老人ホームがどういった看護師に向いているかを簡単にまとめてみました。

高齢者とのおしゃべりが好きな方

介護施設・老人ホームでは高齢者とのおしゃべりが好きな方に向いています。介護施設・老人ホームでの仕事は入居者の方の健康管理です。

よって、看護師としての仕事が多いわけではありません。その中で、高齢者の方とのコミュニケーションが楽しい方は、向いていると言えるでしょう。

看護師としてのプライドを高く持っていない方

看護師としてのプライドを持って仕事を行うことは、決して悪いことではありませんが、プライドが高いと介護施設・老人ホームでの仕事においてはマイナスに働くことがあります。

プライドによって、介護スタッフからの指示を、素直に聞くことがができないことがあるのです。病院ではまずありえないことですので、その違いを受け入れることができるのが大切なことになります。

看護師が介護施設・老人ホームに転職して成功するケース

img-09

看護師が介護施設・老人ホームに転職して成功するのは、どういった時でしょうか?

病院である程度の経験を積んだ後、ゆったりとした環境を望んで転職

病院で10年以上勤務し、その後でゆったりとした環境で仕事がしたいという理由で介護施設・老人ホームに転職すると、満足いく転職に繋がることが多いです。

病院での仕事をやりきった、と思って転職する方が後々の後悔はないですね。

計画をしっかりと立てて転職しているケース

介護施設・老人ホームに転職する際に、理由が明確になっており、今後の将来設計がしっかりしている時に、介護施設・老人ホームへの転職が成功します。

ママさんナースなどが、子育て期間を介護施設・老人ホームで仕事をするケースが多いため、自分自身のキャリアについて、先に考えておくことが大切です。

こういったことを踏まえて、介護施設・老人ホームに転職するとよいでしょう。しかし、計画を考えるのもなかなか難しいものです。

一緒に考えながら求人を探してくれるのが看護師転職支援サイトです。上手く活用しましょう。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします。

【2位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっかりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでマイナビ看護師との併用もおすすめです。もちろん全国対応です。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる