看護師は中途採用で失敗してはいけない!成功する7つのステップ

img-06

中途採用で転職を考えている看護師は少なくありませんが、中途採用先には当たり外れがあって、転職はある意味ギャンブルのような側面があるので、「ハズレ」に当たっても仕方がないと諦めている看護師は多いと思います。

だからといって、看護師は中途採用に失敗しても良いのでしょうか?絶対に失敗してはいけません。

中途採用に失敗すると、重大な悩みを抱えて、中途採用で転職したことを後悔することになるのからです。

なぜ中途採用に失敗すると重大な悩みを抱えるのか、その理由と中途採用に絶対に成功する方法をお伝えします。

これを読めば、「転職して良かった!」と心から思えますし、新たな気持ちで看護師の仕事を続けていくことができるでしょう。

看護師が中途採用で失敗してはいけない理由

看護師は中途採用で失敗すると、重大な悩みを抱えて、転職したことを後悔することになるからです。しかも、その悩みは1つだけではなく、複数になる可能性もあるのです。

でも、中途採用に成功すれば、悩みを抱えることはありませんので、「転職して良かった」と心から思えるようになります。

  1. 看護師が中途採用で失敗すると6つの悩みを抱える
  2. 看護師は中途採用に成功すると悩みなく働ける!

看護師が中途採用で失敗すると6つの悩みを抱える

看護師が中途採用で失敗すると、次の6つの深刻な悩みを抱えることになります。

  1. いじめられる悩み
  2. やりたい仕事ができない悩み
  3. 新しい職場のやり方・常識になじめない悩み
  4. 入職後すぐに夜勤に入れられる悩み
  5. 初日から即戦力として扱われる悩み
  6. 給料が減ってしまった悩み

中途採用に失敗すると、この6つの悩みを抱えてしまうのです。

この6つの中で1つでも悩みを抱えてしまうと、入職後にストレスを感じます。

転職直後からストレスを抱えてしまえば、「転職しなければ良かった。」とか「職場選びを間違えた。」と後悔することになります。

中途採用に失敗すると、最初から鬱々とした気持ちで働かなければいけなかったり、またすぐに転職を考えなくてはいけなくなるのです。

いじめられる悩み

中途採用で入職すると、同期の看護師がいませんし、人間関係が出来上がっている中に1人で入っていかなければいけません。

そのため、職場によっては仲間外れにされていじめのような状態になることがあります。また、人間関係がとても悪い職場は、入職早々に人間関係で悩まされ、人間関係にストレスを感じることもあるのです。

人間関係が原因で中途採用の看護師が辞めたいと感じるのは珍しいことではありません。「看護師は中途採用だと辞めたいと感じやすい?」でも詳しく説明しています。

やりたい仕事ができない悩み

中途採用の看護師は、転職後に「こんな職場だと思わなかった」、「やりたい仕事とは違った」、「こんな看護をしたくて中途採用の求人に応募したんじゃない」という悩みを抱えることが少なくありません。

自分が思っていたのと違う職場に転職したら、転職に失敗したと感じますし、中途採用で転職したばかりでも辞めたいと思ってしまいます。

新しい職場のやり方・常識になじめない悩み

看護師の職場は、職場が違うだけで、使う物品の種類、呼び名、保管場所、看護記録の方法など文化や風習が全く違うことがあります。

中途採用の看護師は、以前の職場と違うこと、前の職場では常識だと思っていたことが新しい職場では通用しないことにショックを受けて悩んでしまうということが少なくありません。

入職後すぐに夜勤に入れられる悩み

中途採用の看護師は、シフトを埋めることを求められますので、仕事に慣れないうちから早々に夜勤に入ることを求められることがあります。

慣れない職場で、責任者がいない状態で長時間の夜勤に入るのは、誰だって不安だし、恐怖を感じますよね。

初日から即戦力として扱われる悩み

中途採用の看護師は即戦力として期待されています。これは、仕方がないことです。

でも、入職初日から「中途採用だから何でもできる。」と思われて、きちんとした説明もないまま戦力に加えられ、「できて当たり前」と思われ、しかも放置されるのは、いくらスキルがある中途採用の看護師でも辛いですよね。

給料が減ってしまった悩み

中途採用の看護師は、転職することで給料が減ってしまうことがあります。

給料が下がってまで転職したくありませんよね。

転職後に給料が下がると、仕事へのモチベーションが下がりますし、自分の看護師としての価値が下がってしまったような気がして、転職を後悔したり、辞めたいと思ってしまうことがあります。

看護師は中途採用に成功すると悩みなく働ける!

看護師は中途採用で成功すると、先ほどの6つの悩みを抱えずに済みます。

これらの悩みがなければ、転職後もスムーズに仕事に慣れることができて、ストレスなく働くことができます。転職して良かったと心から思えるようになるのです。

しっかり調査して中途採用の求人を選べば、

  1. いじめはなく人間関係が良い
  2. 思っていた通りで転職後のギャップがない
  3. 転職後にすぐになじめる
  4. 仕事に慣れてから夜勤に入る
  5. 丁寧に指導してもらえる
  6. 給料は現状維持、もしくはアップする

このような職場で働くことができるでしょう。

看護師が中途採用に成功するためには、この後説明する<7つのステップ>を実践して転職しなければいけません。

看護師が中途採用で失敗しがちな原因は即戦力とシフト埋めの過度な要求

看護師が中途採用に失敗する原因は、即戦力になることとシフトを埋めることを職場側から過度に要求されることです。

  1. 中途採用の看護師に求められるのは即戦力とシフト埋め
  2. これが過度になると4つの悩みが生じやすくなる

中途採用の看護師に求められるのは即戦力とシフト埋め

職場側が、中途採用の看護師に求めることは、次の2つです。

  1. 即戦力になること
  2. シフトを埋めること

中途採用の看護師は、この2つの役割を求められるのです。

即戦力になること

看護師の中途採用は即戦力になることを求められます。この即戦力として期待されているかどうかが、新卒採用との最も大きな違いと言えるでしょう。

中途採用の看護師には、新卒看護師のようにゼロから指導することはありません。一通りの看護業務はできて当たり前と思われています。

採用する側としては、できるだけ早く独り立ちして、戦力としてバリバリ働けるような看護師を中途採用として採用したいと思っているのです。

シフトを埋めること

中途採用の求人を出すということは、看護師が足りないということになります。だから、中途採用として入職した看護師には、欠員を補充して、シフトを埋めることを求められます。

中途採用の看護師は、採用後すぐに夜勤に入ることを求められることも多いですが、それはシフトを埋めなければいけないからなのです。

欠員が出てシフトが埋まらないと、その職場は運営していけなくなりますので、中途採用の看護師は欠員補充のために、シフトを埋めることが求められるのです。

これが過度になると4つの悩みが生じやすくなる

中途採用の看護師は新卒看護師ではありませんから、即戦力になることとシフトを埋める役割を求められるのは、当然のことです。

ただ、この2つの役割を過度に求められることがあります。あなた自身が想像していた以上に、2つの役割を職場側から求められると、先ほどの6つの悩みのうち、4つが生じることになるのです。

  • いじめの悩み
  • 新しい職場になじめない悩み
  • 入職後すぐに夜勤に入れられる悩み
  • 初日から即戦力として扱われる悩み

即戦力になることを過度に求められれば、まったく指導してもらえませんので、初日から即戦力として扱われて困ることになります。

また、即戦力になれないことでいじめを受けたり、新しい職場になじめないこともあるでしょう。「思っていたのと違う。こんなはずじゃなかった」と感じるようにもなります。

シフトを埋めることを過度に要求されることで、仕事に慣れる前から夜勤にどんどん入れられてしまうことになるのです。

看護師が中途採用で失敗しないための7つのステップ

看護師は中途採用で絶対に失敗してはいけません。中途採用で失敗せずに、転職に必ず成功するためには、次の7つのステップで転職活動をしましょう。

この7つのステップは6つの深刻な悩み以外の悩みにも対処するステップとなっています。

  1. ステップ1=面接時に適正評価をしてくれるところを選ぶ
  2. ステップ2=必要な教育をしてくれるところを選ぶ
  3. ステップ3=面接時に適切な経験加算や昇給をしてくれるところを選ぶ
  4. ステップ4=給料やその他の条件を入職後にきちんと遵守してくれるかどうかを見破る
  5. ステップ5=組織面の歪に遭遇するのを避ける
  6. ステップ6=実はスキルアップできない環境だったというギャップを避ける
  7. ステップ7=年間休日数や働きやすさ、福利厚生などその他の重要な条件を調べる

この7つのステップを1つ1つ確実に実行すれば、中途採用に絶対に失敗することはありません。

6つの悩みを1つも抱えることなく、楽しく働くことができるはずです。

ステップ1=面接時に適正評価をしてくれるところを選ぶ

中途採用の看護師は、面接時にあなたの看護師としてのスキルを適正評価してくれるところを選びましょう。

適正評価をしてくれない職場を選ぶと、能力以上の仕事を任されて負担になったり、逆に「こんな簡単な仕事では今までの経験を活かせない。退屈。」と感じてしまうのです。

中途採用の看護師が適正評価をしてくれる職場を選ぶためには、次のポイントに注意してください。

  • 即戦力になれるところ
  • 自分の能力を最大限に活かせるところ
  • 即戦力になれないなら、「即戦力にはなれない」という評価をしてくれるところ

最初にもお話しましたが、中途採用の看護師は即戦力になることを求められますので、あなたのスキルで即戦力になれるかどうかはしっかり確認しなければいけません。

また、今までの看護師経験を活かせるところでないと、物足りなさや退屈感を感じてしまうので、もし新しい分野に挑戦するのでなければ、あなたの看護師経験・スキルを最大限に活かせるところを選びましょう。

経験年数が短い看護師や新しい分野に挑戦する看護師は、どうしても即戦力になることができません。

そういう時は、即戦力になれないという評価をしつつ採用してくれるところを選んでください。

中途採用は基本的に即戦力になることを求められますが、絶対に即戦力にならなければいけないというわけではありません。

その職場の状況や方針によっては、即戦力になれなくても、長期的な視点で採用してくれるところもあります。

即戦力になれないのに、即戦力として評価されることほど辛いことはありません。即戦力になれないなら、そういう評価をしつつ採用してくれるところを選ぶ必要があるのです。

ステップ2=必要な教育をしてくれるところを選ぶ

中途採用の看護師は、あなたにとって必要な教育をしてくれるところを選びましょう。この「必要な教育」というのは1人1人異なります。

  • 即戦力になれない場合は必要な教育をしてくれるところ
  • スキルアップしたいなら、そのための研修や指導体制が整っているところ
  • 不必要な教育はしないところ

もし、あなたが即戦力になるだけのスキルがないのであれば、その職場で早く戦力になるための教育をしてくれるところを選ばなければいけません。

スキルアップ・キャリアアップ志向がある看護師は、院内研修が充実していて、資格取得支援制度があるなど、教育制度が整っているところを選びましょう。

あなたが「ゆるく働きたい」、「即戦力になれるスキルはあるけれど、現状維持で十分」という考えなら、不必要な教育は押し付けてこないところ、強制参加の勉強会がないようなところを選ぶようにしてください。

ステップ3=面接時に適切な経験加算や昇給をしてくれるところを選ぶ

看護師が中途採用で転職する場合、転職後に給料が下がってしまうというケースがあります。

転職して給料が下がってしまうと、ガッカリしてしまいますよね。

あなたの看護師経験・スキルをきちんと評価してくれていないという証拠になりますし、何よりも給料が低ければ、仕事へのモチベーションは上がりません。

だから、適切な経験加算や昇給をしてくれるところを選ばなければいけないのです。

  • 前職の給料は最低限保証してくれる
  • 経験年数すべてを評価
  • スキルを持っている人はそれを評価(調整手当を含む)

中途採用で給料をダウンさせないためには、前職での給料を保証してくれるところを選ぶと良いでしょう。

中途採用の看護師求人を出している職場の中には、「最低でも前の職場の給料は出しますよ。うちに転職してくれたら、給料が下がることは絶対にないですよ。」としているところがあります。

その職場を選べば、中途採用で転職しても、給料が下がる心配はありません。

また、適切な経験加算をしてくれるかどうかも重要です。看護師経験が10年あるなら、10年分の経験加算をしてくれるところ、20年の経験があるなら20年分の経験加算をしてくれるところを選びましょう。

経験年数すべてを評価して経験加算ををしてくれる職場がある一方で、一部しか評価しないところ、10年を限度としてそれ以上は一律評価というところもあるのです。

もし、あなたが「これができます!」というスキルを持っていて、そのスキルを転職先で十分に活かせる場合は、調整手当という形で給料をアップしてくれることがあります。

調整手当は、その職場の規定があるため経験加算をするには限度があるけれど、そのスキルを評価して給料を上げてあげたいから付ける手当のことです。

調整手当の額は数万円から10万円になることがあります。

中途採用の看護師は、転職後にモチベーション高く、気持ちよく働くためにも、適切な経験加算や昇給をしてくれるかどうかを確認しましょう。

ただ、あなたが新しい分野に挑戦する場合は、即戦力になれないため、思ったような経験加算がないこともありますので注意が必要です。

即戦力になれない場合は、希望よりも経験加算が付かないのは仕方がないことです。

ステップ4=給料やその他の条件を入職後にきちんと遵守してくれるかどうかを見破る

中途採用の看護師は給料やその他の条件を入職後にきちんと遵守してくれるところを選びましょう。

先ほど、経験加算や昇給について面接で確認すべきと説明しました。面接できちんと確認しておけば、入職後に「あれ?思っていたものと違う」ということはほぼ避けられます。

でも、ブラック病院の場合、面接時や入職前に確認したことを入職後に平気で変更してくる場合があります。

経験加算や昇給、調整手当の額を下げてきたり、年間休日が少なかったり、「残業なし」と言ったのに、毎日のように残業があったりなどですね。

中途採用で転職する時には、このようなブラック病院に引っかからないようにしなければいけません。

そのためにも、入職前の約束をきちんと遵守してくれる病院か、それともブラック病院かをしっかり見破るようにしましょう。

ステップ5=組織面の歪に遭遇するのを避ける

中途採用の看護師は、自分の経験年数や看護スキルに合った役割を与えられる職場に転職すべきです。

理想的な職場

アンバランスな職場

自分の経験年数や看護スキルに合った役割を与えられないと、荷が重かったり、逆に退屈でつまらないと感じたり、屈辱感を感じることになります。

自分に合った役割を与えられる職場とは、若手・中堅・ベテラン看護師がバランスよく配置されている職場のことです。

このバランスが崩れている職場に転職すると、どうなるかを見ていきましょう。

<中堅看護師の場合>

  • 中堅看護師が極端に少ない職場=新人や若手とベテランの間に入っての調整任務が多くなるので負担が大きい
  • ベテラン看護師が少ない職場=ベテラン看護師の役割をするため荷が重い
  • 中堅やベテランが多く若手が少ない職場=中堅なのに若手看護師の役割をするので退屈

<ベテラン看護師の場合>

  • ベテラン看護師がいない職場=転職直後からベテランとしてリーダー役や指導役をするので負担が大きい
  • ベテランが多く中堅や若手が少ない職場=ベテランなのに若手や中堅の役割をするため屈辱感・退屈感を感じる

若手・中堅・ベテランのバランスが悪いと、このような事態になって、組織面の歪に遭遇することがあり、それによってストレスを感じることがあります。

そうならないように、若手・中堅・ベテラン看護師がバランスよく働いているところを選ばなければいけません。

ステップ6=実はスキルアップできない環境だったというギャップを避ける

中途採用の看護師の職場選びの6つ目のステップは、転職後も積極的にスキルアップしていきたいと思っている看護師さん限定のものになります。

転職後も積極的にスキルアップしたいと思っている看護師さんは、ステップ2で説明したように教育制度が整っている職場を選ばなくてはいけません。

ただ、「教育制度が整っている」というだけでは、あなたの想像しているようなスキルアップができない可能性もあります。

このギャップを避けるためには、次の3つのことをまずは行う必要があります。

  1. 看護師としての自分の価値・スキルを客観的に分析する
  2. どのような看護師にスキルアップしていきたいのかを具体化する
  3. どのような職場だったらあなたのスキルを活かせるのかを調べる

この3つのことを行えば、採用後の指導や仕事の割り振り、スキルアップのための研修面でギャップを感じる可能性は少ないと思います。

でも、「教育体制が整っている」と言っても、それはジェネラリストを育てるためのもので、あなたがスペシャリストになりたい場合、あなたの想像と実際にギャップやズレが生じます。

また、資格取得支援制度があっても、それは有名無実化していたり、生え抜きで師長のお気に入りしか使えないというケースもあり得ます。

だから、スキルアップ目的で転職する中途採用の看護師は、本当に自分が理想とするスキルアップができるのかを詳しく調べてから職場選びをする必要があるのです。

ステップ7=年間休日数や働きやすさ、福利厚生などその他の重要な条件を調べる

看護師が中途採用に絶対に失敗しないためには、長く働くためのその他の重要な条件を調べなければいけません。

転職先で長く働くためには、次の7つのこともしっかり調べておきましょう。

  • 年間休日(祝日は休みかどうか)
  • 有給消化率
  • 独身看護師とママナースの割合
  • 子育て支援制度
  • 通勤時間や手段
  • 福利厚生
  • 人間関係

この7つのことは、転職後に長く働いていく上で、非常に重要なポイントです。

中途採用に失敗しないための総仕上げとして、この7つのことを調べて、「ここなら長く働ける」と確信できる求人を選ぶようにしましょう。

7つのステップが面倒なら今すぐ看護師転職支援サイトに登録!

  1. 7つのステップを自分でやるのは面倒くさい・・・
  2. 今すぐ看護師転職支援サイトに登録すれば大丈夫!

7つのステップを自分でやるのは面倒くさい・・・

看護師が中途採用で絶対に失敗しないための7つのステップをご紹介しましたが、この7つのステップを読んでみて、「ちょっと面倒くさいな」と思った人も多いと思います。

そうなんです。7つのステップで転職すれば、中途採用には絶対に失敗しません。でも、全部自分でやって、詳細まで調べるのはかなり面倒くさいし、自力ではできないこともあります。

「じゃあ、どうすれば良いの?やっぱりギャンブル的に転職するしかないの?」と思っているあなたも、安心してください。

この7つのステップを簡単に、しかも確実に行う方法があるのです。

今すぐ看護師転職支援サイトに登録すれば大丈夫!

中途採用に絶対に失敗しないための7つのステップを、簡単に、しかも確実に実行するためには、今すぐ看護師転職支援サイトに登録しましょう。

看護師転職支援サイトに登録すれば、転職コンサルタントがあなたの代わりに7つのステップに必要なことを全部調べて、求人を絞り込んでくれます。

あなたは看護師転職支援サイトに登録して、希望や看護師経歴を転職コンサルタントに伝えるだけです。

あとは転職コンサルタント任せでOKです。あなたは、最後に希望条件を満たす求人の中から、あなたが一番転職したいと思えるものを選ぶだけです。

これなら、簡単ですし、面倒なことなんて一切ありませんよね。

看護師が中途採用に絶対に失敗しないためには、今すぐ看護師転職支援サイトに登録するのが確実で簡単で、一番の近道なのです。

中途採用に成功すれば、あなたらしく看護師の仕事を楽しむことができるようになるはずですよ!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは古くから実績のあるサービスで、看護師のきもちを大事にしてくれると評判です。求人情報の掘り下げがしっ かりしていて、あなたの性質にマッチした求人を紹介してもらえますのでおすすめで す。もちろん全国対応です。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★
運営:株式会社 マイナビ

人気急上昇中のマイナビ看護師は、数多くの看護師を転職によって幸せにしてきた実績のある転職サイトです。求人の量・質共に 素晴らしく、コンサルタントも経験豊富な人が多いです。全国対応ですので、都市部の方だけでなく地方の方にもオススメします 。ナース人材バンクとの併用もおすすめ。

この記事は、この2人が分担して執筆・監修しています

杉村夏美(すぎむら なつみ)33歳 女性

職業:看護師専門転職コンサルタント

普段は看護師専門の転職コンサルタントとして働いていますが、看護師の転職に関するいろいろな情報を提供したいと思い、 協力関係にある「なーすのきもち」で記事を書かせていただくことになりました。

看護師の転職コンサルタントとしての知識や経験だけでなく、働くママとしての立場からも、看護師の皆さんへ転職に関する 情報提供やアドバイスができればと思っています。

太田 博(おおた ひろし)36歳 男性

職業:看護師専門転職コンサルタント

「なーすのきもち」運営会社様とは協力関係にあり、より実態に即した正確な情報を発信する為、テーマ毎に転職コンサルタ ントの視点での記事を書き、提供しております。

転職に失敗して負のループに陥らない為にも、なるべく多くの正確な情報を提供していきたいと思いますので 今後ともよろしくお願い致します。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる